カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠・出産まとめ >
  4. 検診で双子が判明してびっくり!多胎(双子以上)妊娠のメリットやリスクまとめ

妊娠・出産

検診で双子が判明してびっくり!多胎(双子以上)妊娠のメリットやリスクまとめ

52ea94705813baa8ba79b3af3237337a_s(1).jp

妊娠し、ある日病院でいつものように診察を受けていたらエコー画像に赤ちゃんが2人映って、びっくり!

 

このような感じで双子、あるいはそれ以上の多胎妊娠が発覚する方が多いと思います。

 

ここでは、そんな双子以上の多胎妊娠が発生するメカニズムやメリットデメリット、多胎妊娠に起りやすいリスクについてまとめてみました。

 

多胎妊娠の基本の流れ 単胎妊娠とは何が違うの?

一度に2人以上の赤ちゃんを身ごもることを「多胎妊娠」といいます。

単胎妊娠とは何が違うのでしょうか?

 

多胎妊娠が起るのはなぜ?排卵誘発剤や体外受精の影響も

453b7818fdeb45e69c8326ed96efea98_s.jpg

自然妊娠で多胎になることもありますが、排卵誘発剤の使用や体外受精などの不妊治療過程でできることがよくあります。

 

多胎妊娠はリスクが高い!具体的なリスクとは?

2人以上の胎児を育てるため、妊娠期間中は高血圧や貧血などのリスクが単胎妊娠よりも高くなり、分娩時も様々なリスクが高くなります。

 

一卵性と二卵性の違いって何?

eb3d8f4da683164cc3e1744ff37b4268_s.jpg

1つの受精卵から2人以上の赤ちゃんができる「一卵性」と、2つ以上の受精卵から2人以上の赤ちゃんができる「二卵性」。リスクの種類も違ってきます。

 

多胎妊娠で胎児側に起りやすいリスクとは?

多胎のため、胎児一人一人に均等に血液がいきわたらなくなるなどのリスクが発生する可能性があります。

 

リスクばかりでもありませんよ!多胎妊娠のメリットについて

多胎妊娠は確かにリスクがあがるのですが、もちろんメリットもあります。

 

どうしてもしなければならないことも...減数手術の現実

どうしても多胎妊娠継続が困難な理由がある場合、とても悲しいことですが胎児を減らす「減数手術」を受けなければならないことがあります。知っておきましょう。

 

多胎妊娠は望んで多胎になる場合と、そうでなくまったく偶然で多胎になる場合など様々なケースがあります。

どちらにせよ単胎妊娠よりはリスクが高くなりますので、病院選びや出産までのプランをよく考えていきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠・出産まとめに関する記事

妊娠中の妻への接し方!NG発言、NG行動?パパになる人に読んで欲しいまとめ!

  最近では、積極的に家事や育児をする男性が増え、ここ数年イクメンと言う言...

【つわり】先輩ママの体験談☆いつから始まる?症状は?どうやって乗り越えた?

妊娠中のママの悩みとして多いのが「つわり」です。 妊娠初期のつわりは、いつ頃か...


妊婦のお腹の大きさはどのぐらい?時期別・双子・二人目の経験談まとめ

妊娠すると、週数が経つにつれてお腹が大きくなっていきます。 妊娠初期・中期...

高齢出産って何歳から?2人目の高齢出産も注意!?高齢出産で起こりやすいトラブルまとめ

現代は晩婚化・結婚後も働き続ける女性に伴い、高齢出産(35歳以上で出産)の割...

妊娠・出産まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る