カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. はじめての熱性けいれんでドキドキ
病気と症状

[1歳5ヶ月]はじめての熱性けいれんでドキドキ [育児の体験談]

259人に読まれました
2015-12-11 10:12
長女が1歳のときでした。
寒い冬、自宅で遊んでいた娘。いつもと変わらない様子で積み木やブロックを持っては机に乗せていくを繰り返して遊んでいました。
すると、急に立ったまま、白目をむいて歯を噛みしめて手はグーになり震えだしました。
あまりに急だったので私もパニック。
「どうしたの?」と聞いても何も答えません。
ちょっと前に、主人の母から「うちの子はみんなひきつけ起こしてるからなる可能性あるからね」という話と、どんな風になるのか聞いていたので、もしかしてひきつけかもと慌てて義母に電話しました。
しかし、留守のため出ませんでした。
どう対処していいのかわからず、呼んでいいのか迷いましたが救急に電話をかけました。
すぐに娘はもとに戻ったのですが、またいつひきつけてしまうのか不安もあったので、救急車が来てくれて救急隊員の方が娘に「大丈夫だよ」と言ってくださったときは私もほっとしました。
病院について診察を受けると、熱性けいれんだろうということでした。
娘は熱に強く、40度近くの熱が出てもぐったりせず遊んだりしてしまうので、微熱があったことに私も全く気付いていませんでした。
急激に熱があがったため、ひきつけてしまったようです。
このひきつけからしばらくは熱が出ては座薬を入れてひきつけをおこさないようにしていました。心配していましたが、今では大丈夫です。
我が家は今のところ上3人共熱性けいれんを起こしているので、一番下の子も可能性があるかもしれません。

みんなへメッセージやアドバイス

はじめてひきつけをおこしたときは、こわくてこわくて仕方ありませんでした。
でも、話を聞いてみると意外に近くに熱性けいれんをやったことがあるお子さんがいたりするのでどんな対処をしたらいいのか聞いておくのもいいのかなと思います。
0

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる