カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 妊娠10週 まるでピーナッツ!胎児ネームは「peanutschito」
妊娠初期(2~4ヵ月)

[10w]妊娠10週 まるでピーナッツ!胎児ネームは「peanutschito」 [妊娠・出産の体験談]

16375人に読まれました
2016-02-17 13:05
不妊治療専門クリニックを卒業して、自宅近くのクリニックで受けた2回目の検診。
既に激しい吐き悪阻が始まっていたので、布団から起き上がる事も困難で、検診の日程を変更しようかどうか迷いました。しかし分娩出来る病院が少ないため、いつも病院は予約でいっぱい。今日を逃したら、いつ予約が取れるか分からない状況でした。その為徒歩15分の所にあるクリニックまで、何とか歩いて行きました。

途中の歩道橋で、何度もうずくまり、電柱やガードレールにつかまりながら、なんとか病院まで辿り着きました。

やっとの思いで辿り着きましたが、予約時間になっても全く呼ばれず、結局1時間遅れで検診が始まりました。産科の検診の予約は、予約であって予約ではないと考えたほうがいいかもしれません。当日のお産などによっては、外来の医師、助産師や看護師も全て分娩にかかりきりになr、外来は後回しになってしまうのです。
  • 内診とエコー検査

    1時間遅れで始まった検診。襲いかかる吐き気に耐えながら、内診とエコー検査を受けました
    発育状況は順調で、妊娠10週目の赤ちゃんは、雲のようだった前回よりも少し大きくなり、人間らしい形になりつつありました。でもまだ人間と呼ぶには程遠く、まるでピーナッツのような形をしていました。この日からしばらく私達夫婦間での胎児ネームは「peanutschito」小さいピーナッツちゃんとなりました。

    一度流産を経験しており、しかも35歳の高齢出産ということもあり、心拍が確認できた以後も不安はつきまとっていました。毎回の検診は楽しみよりも、不安の方が大きく、緊張の連続でしたが、子供の生命力を信じて、辛い悪阻は子供が元気な証拠と自分に言い聞かせて、まず次回の検診まで頑張ろうと決意しました。

みんなへメッセージやアドバイス

週を追う毎に大きくなる赤ちゃん。写真を見ても、本当に自分のお腹の中にいるのか、半信半疑のお母さんも多いでしょう。でも確実に、あなたのお腹の中で赤ちゃんは育っています。
決して無理せず、お腹の赤ちゃんの成長を感じてください。
1

妊娠10w前後の体験談

妊娠初期(2~4ヵ月)の人気体験談ランキング

上へもどる