カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. 絵本の読み聞かせ
ベビー用品

[1歳0ヶ月]絵本の読み聞かせ [育児の体験談]

297人に読まれました
2015-12-13 17:45
子どもにたくさん本を読んでもらいたい。
そう思っているお母さん、少なくない事でしょう。
読書量の多い子は賢くなる、という話もよく聞かれます。
絵本でのコミュニケーションは、ある意味理想的です。

しかし、実際に子どもに絵本を与えて、興味を持ってくれるでしょうか。
始めから興味津々の子もいるとは思いますが、最初は絵本自体がおもちゃです。
私も赤ちゃん訪問の時に、ブックスタートとして、絵本とバッグをもらいました。
子どもに与えてみましたがすぐに違うものに手が伸び、なかなか興味を示してくれません。
どうしたら絵本の楽しさを知ってもらえるのかな、と気がかりでした。

小さい頃から絵本の読み聞かせをするのは、良い事です。
と分かっていますが、子どもがなかなかじっとして聞いてくれないので、自分一人が絵本を読んでいるだけの、かなり空しい状態になります。

私も長男の時はそんな状態で、読み聞かせは半分あきらめていました。
実際のところ、じっと座って絵本の読み聞かせに耳を傾けてくれるようになるのは、4歳ごろだと思います。
でも実は、読み聞かせというのは、聞き手が黙ってじっと座って物語に耳を傾ける状況にある事ではないそうです。

子どもが小さい頃の読み聞かせは、子どもが目の前におらず、違うところで遊んでいても良いそうです。
子どもは聞いていないようで、なんとなくお話を聞いていて、始めのうちはそんな調子でも、読み聞かせしてもらっているということが分かってくるそうです。
なので、一生懸命必死になって子どもを座らせて、読んで聞かせる必要はないのです。
そのかわり、読み始めた絵本は聞いていないと思って途中でやめずに、最後まで読むようにしてくださいね。

みんなへメッセージやアドバイス

寝る前の一冊、という感じで習慣付ける事をお勧めします。
絵本が始まったら寝る時間と理解する事で、就寝に促しやすくなります。
1

上へもどる