カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. ワタシ的、産婦人科の選び方 〜里帰り後〜
産婦人科・産院

[5w]ワタシ的、産婦人科の選び方 〜里帰り後〜 [妊娠・出産の体験談]

682人に読まれました
2015-12-14 11:53
※写真は里帰りの時に寄り道して食べたマルゲリータ。
非常に美味しかったです…あ、よだれが止まらない。

以前の投稿通り、今住んでいる街には身内が誰もいないので、里帰りをすることに。
当然お産をする産婦人科も選ばないとなりません。

実家の近くには今住んでいる街とは違い、産婦人科や総合病院がいくつかあるので「選ぶ」ということができました。
今の環境からすると「選ぶ」ことができるのは本当に有り難い…

ですが、私は即決でした。
選んだのは一番近くの総合病院の産婦人科です。

理由は
1.小さい時からその病院の色んな科のお世話になっており、評判もわかっていた。
 自分のカルテが既にあるので、アレルギーなどの説明をしなくてもいいという気軽さが少しありました。
 また遠方のため、他の病院を見て回るというのが実質不可能だったので、既に病院の様子などかわかっていたのはプラスでした。

2.車で5分、歩いても10分ととにかく近い。
 実際、検診はほとんど母に送ってもらいましたが、自分でも歩いていかれるのも魅力でした。

3.お産料金が手頃で、しかも土日祝日でも夜間でも一律。
 実は私のお産は「日曜の早朝」と、恐らく他の病院なら追加料金が発生しそうな曜日・時間帯でしたが、値段は変わらず。
 いや〜、結果としてこれはホントに助かりました。

4.総合病院なので、私や赤ちゃんに万が一のことがあっても病院内で対応してもらえる。
 持病もないし、妊娠中も、産後も、赤ちゃんも問題なかったので、産科単体の病院でも、助産院でもよかったのかもしれません。
 ですが、産科単体の病院でお産をした友人が、赤ちゃんが小さかったこともあり、赤ちゃんのみ総合病院へ転院し母乳を送ったりしないと行けなくて大変だった、という話を聞き、心配性な私は万が一に備えて起きたかった、というのがありました。

5.妊娠発覚時、おばあちゃんがその病院に入院していた。
 その病院の内科に入院していたおばあちゃん。
 残念ながら妊娠発覚1ヶ月後に亡くなってしまいました。
 が、もし間に合えば病院内で赤ちゃんに会わしてあげることができるかも?!
 そしたらまた元気になるかな?と微かな希望を持っておりました。


選んだ病院は親身に診察をしてくれることもあり、待ち時間は長く、
また産科の評判もいいので、早くに予約をしないといっぱいになる、という
人によっては「デメリット」と感じる項目もありました。

確かに初診は待ち時間長かったものの、それ以降は私は気になるほど待たずに済みました。
また、幸いなことに妊娠したかも?!と思った翌週、以前よりおばあちゃんのお見舞いも兼ねて帰省する予定だったので、診察を受け妊娠したことが確定しその場で予約することができました。

その足でおばあちゃんへ妊娠の報告ができたことも、結果として私の中では大きなメリットとなりました。

みんなへメッセージやアドバイス

私は「こんなお産をしたい!」という希望はなかったので、最寄りのかかりつけの病院にしましたが、
お産に対して希望がある、持病があるなど、考慮すべきことがあれば内容をしっかり伝えてましょう。

またメリットとなることが、他の人にとってはデメリットとなることもあります。
評判だけでなく、病院や先生の様子なども踏まえて、病院選びをしましょう。
1

妊娠5w前後の体験談

上へもどる