カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. コウノドリ。自分の子供たちを思い出す。
2歳

[2歳]コウノドリ。自分の子供たちを思い出す。 [育児の体験談]

245人に読まれました
2015-12-14 14:14
コウノドリは、今週で最終回なんですね。

まだ何話かしか見てない気がするのですが、私は毎週かかさず見ていました。

今では第1話から見ていた娘ちゃんもお気に入りのドラマで、あー赤ちゃんのやつやなんて言いながら毎日楽しみにしていました。

コウノドリは、私にとって全話感動できたドラマでした。

8月に産まれた息子くん。。
去年のこの時期コウノドリが息子くんを運んできてくれました。

それを知ったとき再び感動できるなんて思ってもいなかったのでホントに嬉しい気持ちでした。

でも、やっぱり産まれてくるまでは、本当に何が起こるかわからない妊娠期間でした。

不安はいつもつきものでした。。
マタニティブルーもありました。

そんな時は、娘ちゃんを抱き締めて泣いた時もありました。

コウノドリを見ていて、主人公のコウノドリ先生☆
あんな方が全国の産婦人科にいてくれたら、きっと大繁盛に違いありませんよね。。

私がドラマを見て泣いているときも、娘ちゃんは一緒に泣いてくれたり、娘ちゃんの手で私の涙を拭いてくれたり。。

早産で産まれてくる子や、お母さんが亡くなって赤ちゃんが助かったり、このドラマには沢山妊娠期間中に起こること色々学べた気がしました。

私も、風疹の注射はしていましたが、風疹の値が低かったことがありました。
赤ちゃんが風疹にかかってしまったら大変なことになるのは知っていたので、妊娠した私の友達にも風疹の注射はちゃんと打っておいた方がいいよと話をさしました。

金曜日で最終回のコウノドリ。。本当に感動できるドラマでした。

みんなへメッセージやアドバイス

出産するまで何があるかわからないですが、赤ちゃんを信じて二人で出産まで乗り越えて頑張ってください(^^)
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる