カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 年末年始に突然の体調不良…?!【その1】
病気と症状

[0歳8ヶ月]年末年始に突然の体調不良…?!【その1】 [育児の体験談]

364人に読まれました
2015-12-15 01:41
家族や親戚とゆったり過ごしたり、お休みを利用してちょっと遠出をしてみたり。
楽しいはずの年末年始。
でも風邪や胃腸炎などが流行するシーズンでもあるんですよね。

我が家は昨年は子供が生まれて初めての年末年始。
息子が8ヶ月の頃でした。
家族や親戚との集まりを予定したりしてとても楽しみにしていました。

しかし、家族にとって忘れられない初めての年末年始になったのでした…。

  • まさかの風邪。でも病院は開いてない。

    12月29日の夜、鼻水で寝苦しそうな息子のグズグズで目が覚めました。
    ちょっとこれはひどくなりそうな感じ…。
    もしかして風邪ー!?

    クリスマスあたりからわりと予定がたくさんで人にも会ったので、もしかしてとは
    思ってたのですが。
    無理をさせてしまったかなと反省。

    明日、病院にでも連れて行こう…と思ったところでふと気がつくと明日は30日。

    そう、どこの個人病院もまず開いていないのです(うちの近所はのきなみお休みでした)
    。小児科も耳鼻科も年明けまでお休み。

    真夜中にぼんやりした頭で、ぐるぐるどうしようと思っていたところであるものの存在を
    思い出しました。
    それは、住んでいる市の市報でした。
    12月の頭頃にで届いたものに、「年末年始の医療機関の診療について」というものが載っていたのです。
    そこには休日・夜間診療を主に行っている医療機関やセンターのリストがありました。

    ちらっと読んだ時には関係ないと思っていたのですが、まさかお世話になるとは…。
    何事も心に備えておくのは大切だなと痛感しました。

  • 混みすぎ…!

    翌日になると、お約束のように微熱。
    これはやっぱり診察してもらおうと思い、昨晩調べた休日夜間指定の医療センターに行くことに
    しました。
    親子でもこもこに暖かくしていざ。

    しかし、到着してびっくり!
    待合室は人だらけ。ざっと50人はいたでしょうか…。
    もちろん具合の悪い人ばかりなので、どことなく漂う不穏な空気。
    受付もバタバタのピリピリでどれくらい待つかなんて聞けませんでした。

    とにかくささっと受付を済ませて番号札をもらい、待合室の外の廊下で半分眠ってる息子を抱っこして待ちました…。
    途中おっぱいをねだる息子に困り、誰も来なそうな場所でこっそり抱っこ紐をしたままあげたりしながらごまかしごまかし時間をつぶしました。
    1時間半以上待ってようやく順番に。

    もちろん診断は風邪。
    お薬をいろいろ処方してもらい帰宅。
    親子でぐったりでした…。

0

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる