カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 自衛隊中央病院、広尾病院について
産婦人科・産院

[29w]自衛隊中央病院、広尾病院について [妊娠・出産の体験談]

1385人に読まれました
2015-12-18 00:38
第一子の時、自衛隊中央病院で産みました。
今回は、友人から勧められた広尾病院で出産予定です。

今の所、分かる限りの違いなどを紹介します。

まず、当たり前なのかもしれませんが入院時準備するものは違います。

自衛隊中央病院では、陣痛⇨出産までのパジャマ、産褥パッド、産褥パンツ一枚、腰につける産後の簡易骨盤ベルトなどは、病院側が入院セットとして用意してくれており、退院までに5000円程の支払いをします。また、オムツも病院側が無制限に準備してくれてます。粉ミルクは、自己負担です。

広尾病院は、産後用パッドなどほとんど自分で準備します。
選べる自由があるのでそれも良い事だと思います。

また、出産時の立会いも違います。
自衛隊中央病院は特に制限はなく、妊婦、お医者さんの許可があれば立会い可能でした。
広尾病院は配偶者と、お医者さんの妊婦さんの許可がある人1人のみです。

あとご存知の方もいると思いますが、自衛隊病院はLDRでの出産。最後の方の陣痛〜分娩までは同じベットの上で過ごせます。急に出産が進んでも安心です。

そして、広尾病院では医療費は現金の支払いだけでなくクレジットカードも使えます。
なので、出産一時金は直接より、受取制度を使うと、お得にポイントを貯められます。
自衛隊中央病院はクレジットカードの扱いはなかったです。

今の所分かるところこんな感じです。ご検討中の方は参考にどうぞ。
2

妊娠29w前後の体験談

上へもどる