カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 一進一退の離乳食
離乳食

[0歳8ヶ月]一進一退の離乳食 [育児の体験談]

1632人に読まれました
2017-01-19 17:39
現在8ヶ月に入り、離乳食を始めて3ヶ月が経ちました。
とは言っても、長引く下痢に悩まされたこともあり、あまり順調には進んでおらず、実際に食べさせた期間は2ヶ月ほどかもしれません(;^_^A

いつかは食べるだろうと気長に取り組んでいるところです。
  • 食に目覚めた⁉︎ 急に食べ始める

    全く食べない時もあるし、用意した量を食べきることはマレだった息子。同じ月齢の子が食べる量には程遠い感じでした。

    しかし、8ヶ月に入った頃、なぜか急激に食べだした時期がありました。

    その日あげたのはパン粥にベビーフードのササミと緑黄色野菜を混ぜたメニューだったのですが、初めて息子にヒットしたらしく、ひとくち、またひとくちと、自分から口を開けて待機しているほどでした(*^^*)

    普段あまり食べないものだから嬉しくて嬉しくて、他にも手の込んだメニュー作ったりして(*^人^*)

    その日を境に、これまで進みが悪かった、ソーメンやお魚もパクパク食べるようになり、「あぁ、やっと食に目覚めてくれた!」とそれはそれは安心しました。
  • 安心もつかの間、再び下痢に

    安心して少しずつ量を増やしていたのですが、ある日突然下痢に(*_*)

    玉子でアレルギーが出たかな⁉︎と焦り、小児科へ行ってみましたが、結果は「何が原因かは分かりません」とのこと。

    たまごボーロを食べられていれば、玉子でアレルギーの可能性は低いし、「赤ちゃんはよくお腹壊すもんだから♪」ということで、これといって検査はせず。原因ははっきりさせられないままでした。

    再び食べが減っていき、タイミング悪く、その時期初めて与えた高野豆腐がキライだったらしくて、他のものも一切食べないようにΣ(゚д゚lll)

    まだまだ安定まで先は長いな、と感じました。

みんなへメッセージやアドバイス

そうは言っても、いつかは食べる!
その気持ちを忘れずに、気長に離乳食の時期を楽しみたいと思います☆
1

上へもどる