カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳育児をしたいママさんへ
授乳

[0歳2ヶ月]母乳育児をしたいママさんへ [育児の体験談]

4905人に読まれました
2015-12-22 11:22
今は粉ミルクも進化を遂げて栄養価的には大差ないようですね。しかし、やはり人工乳は母乳の代価でしかありません。母乳には病気に対する免疫物質が含まれています。赤ちゃんを病気から守るためにも、ママとあかちゃんのコミュニケーションのためにもママの体のためにもやっぱり母乳育児って大切なんだと思います。今回は私の母乳育児に奮闘した日々について綴りたいと思います。

■出産直後は母乳がでない■
 妊娠中、乳頭から透明な液体がでるほどおっぱいが張っていた私ですが、産後直後は母乳がほぼゼロでした。あかちゃんもうまく吸う事ができず、乳頭保護器を使ってなんとか直母での授乳が可能に。しかし、吸われると冷や汗が出るほどの激痛。本当に苦戦しました。母乳が出るようになるための秘訣は「「頻回の授乳」」です。赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激こそが一番の母乳量を増やす手段なのです。ということで・・・出ないながらに冷や汗をかきながら授乳をし、両乳合わせて20~30分ほど吸わせたあとに人工乳をあげるを繰り返しました。母乳が出始めたのは産後3日目です。

■産後1ヶ月まではずっと混合でした■
 完全に母乳育児がしたい・・。ゆえに母乳だけで初めからがんばろうとするママさんもいるかもしれません。しかし、本当に十分な量の母乳がでていますか?????
一番いけないのは足りてないのに母乳だけで済ませてしまうことです。あかちゃんが栄養失調になってしまうのです。そうならないためにも入院中に母乳量を測定することをおすすめします。授乳前の体重と授乳後の体重を測ってどれだけ母乳を飲んだかしっかり確認して退院までには自分の母乳量を把握しておきましょうね。足りない分を人工乳で補う事はなんにも問題ないことでむしろ必要なことです。そして、私は授乳中に激痛があったり、乳頭に傷ができてしまったりと授乳そのものがわりとストレスになりがちでした。そういったママさんもきっとすくなくないと思います。ストレスに感じたら人工乳に頼りましょう!一日一回だけ頼る・・・など自分なりにルールを決めてストレスをためないようにしましょうね!

■完全母乳に移行したのは産後2カ月ごろ
 私が完全母乳になったのはあかちゃんが生後1カ月末のころでした。もともと助産師さんにあかちゃんの体重の増加が十分すぎるほど増えているからミルクを足さなくていいよ説明を受けたのですが・・・どうしてもストレスや不安で一日1回~2回、人工乳に頼っていました。ず~っとあかちゃんがおっぱいから口を放してくれなかったので母乳が出ている気がしなかったんですよね。でも、それも2カ月入ってからは自信をぼって完全母乳に移行できました。あかちゃんの喉がゴクゴク音がするほど母乳がでるようになったのです。このときには授乳痛や傷もなくなり、赤ちゃんも上手におっぱいを吸う事ができるようになっていましたよ。

みんなへメッセージやアドバイス

母乳育児をしたいママはどうしても焦りがちになりやすいですが焦ってはだめです。かといって諦めずに根気よく授乳を続けなければなりません。時に人工乳にたよって母乳育児を少しだけ休憩するのも全然問題ありません。生後1~2ヶ月は不慣れな育児にどうしてもストレスをためがちで母乳の出があまりよくないママさんが多いと思います。でも、3~4カ月にはきっと母乳がたくさんでるようになっていると思いますよ!
1

上へもどる