カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. もうすぐ出産!忘れちゃいけないパパの準備 その2
パパの準備

[34w]もうすぐ出産!忘れちゃいけないパパの準備 その2 [妊娠・出産の体験談]

1096人に読まれました
2015-12-22 21:57
予定日まで3週間を切り、入院中の主人の食事の準備を終え、他に何かやり残している事は
無いか?このまま入院しても、主人は一人で生活出来るだろうか?と、自分の出産よりも
主人の生活が心配でなりませんでした。

主人は外国人で、日本語が完璧では無いため、何かあった場合は大変です。
いつもは私がサポートしていますが、入院中は動きがとれません。

予定日は1月5日。つまり3週間前ということは、もうすぐ冬休み。会社に行かないため
家にいることが多くなります。その為、生活に必要な物が、どこに置いてあるのかきっちり
教えておかなければなりませんでした。

まず始めに教えたのは、ゴミ出しです。普段は、私がゴミをまとめて、出勤時に主人が出してくれているのですが、燃えるゴミが何曜日で、資源ゴミが何曜日なのか?プラスチックゴミは?瓶・缶・ペットボトルは何時までに出さなければならないか?など、全て紙に書き出して
一番見やすい冷蔵庫に貼り出しておきました。年末年始の特別スケジュールということもあり、絶対に出し忘れないようにと念押ししました。

そして一番重要なのが、出生届けなどの手続き方法です。出産後、お互いの両親が手伝いに
くることは出来ませんでしたので、出産後の手続きは全て主人にお願いしなければなりませんでした。その為、事前に必要書類や収入印紙などを全て用意しておきました。
まず出生届け。これは病院で用意されていましたが、念のために区役所で取り寄せしておきました。そして住民票が必要になるため、申請書類に必要事項を記入し、収入印紙を添えておきました。その次に児童手当の申請用紙。これも全て記入し、出生届けと一緒に手続きできるように準備しておきました。まず始めに区役所の何番窓口に行って、次にこの窓口へと夫婦でシュミレーションをしておきました。
その他主人の勤務先にも依頼し、健康保険証の申請用紙も入手しました。

色々と心配で準備しましたが、結局は病室から毎朝電話し、「今日はゴミの日だよ」と指示したり、入院中は毎日お見舞いにきてくれたので、その時に色々教えたり、事前に教えたことは
ほとんど覚えていなかったようです。

みんなへメッセージやアドバイス

普段家のことは、全て奥様がされているご家庭の場合、奥様が入院するとご主人はたちまちパニックになりがちです。普段から家庭内の情報を共有して、夫婦で協力する体制が出来ていると、いざ入院となっても安心です。イクメンになるかどうかは、妊娠中の夫育てにかかっているようです。
0

妊娠34w前後の体験談

上へもどる