カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 子供が発達障害そして母親である自分も…インターネットで検索しては落ち込む毎日
病気と症状

[1歳6ヶ月]子供が発達障害そして母親である自分も…インターネットで検索しては落ち込む毎日 [育児の体験談]

5247人に読まれました
2016-02-12 12:51
現在5歳の長女、4歳の次女、1歳の長男。を育てています。
私が子育てをしていて気づくことができた発達障害。
長女が発達障害で私も発達障害。そして私の母親と父親、兄も診断は受けていないけれどそうであろうと、私は思っています。
最近までそのことが、私自身理解できずでした。
長女を育てていく中で気づいた発達障害ですが、そんな母親の私の体験談です。
  • 子供を迎える環境が整ってなかった

    長女を産んでからは、全く育児もしたことがなく、自分では「子供産んで母親になる!!」と意気込んではいたものの、結果的にはとても突発的な行動でした。
    そのため、子供を迎える環境の準備も、夫婦での気持ちの方向性も私の気持ちの準備もすべてが不十分でした。
    それが解ったのも最近で、自分が発達障害だという事には早い段階で気づいていましたが、発達障害=病気=変人?!みたいなイメージがあって、一年以上へこんでいました。
  • インターネット検索でへこむ

    インターネットで色々調べてはへこみ。調べては凹み。。。そして今思えば子供の発達障害についてもマイナスな記事しか出てこなく、育児書と同じでマニュアル的な事を書いてあっても、ただネガティブになるだけでした。

    発達障害の子は水が好き。って書いてあり水で遊んでいるわが子を見ても、衝撃を受けるだけでした。
    影響を受けやすく、すぐに信じてしまう私は、調べては当てはめて落ち込み、子供の行動に対して否定的になり、子供が遊んでいても「こっちを見て!」「遊んで!」のサインも「ママ!」の声も私の心には響かずに、”調べる→当てはめる→へこむ”でネット依存になっていたと思います。
    子供の前で平気でケータイをいじり最低限の育児と家事をこなすだけでした。

みんなへメッセージやアドバイス

もし、子供が発達障害の可能性があって自分で自分をコントロールできなくなりそうなときは、早めに児童発達外来などの発達障害の診断ができる場所に連れて行ってあげてください。
病院に受診するのは、家族などの保育者にとって接し方が解るのでとてもプラスな面が大きいそいうです。
2

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる