カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. 上の子の保育園の夏祭りでした
行事

[15w]上の子の保育園の夏祭りでした [育児の体験談]

347人に読まれました
2015-07-13 15:08
長女(4歳)と次女(2歳)の通う保育園の夏祭りでした。
  • 待ちに待った夏祭り

    長く続いた雨が数日ぶりに止み、久々の晴れ間の中、長女と次女の通う保育園の夏祭りが開催されました。
    保育園ではずっとこの日に披露する「ニンニンジャー体操」やお遊戯などを練習していたそうで、家でも楽しそうに踊っている姿が見られました。
    そんな待ちに待った夏祭りだったのでした。
  • 甘えん坊の長女

    さて、我が家の長女はかなりの甘えん坊です。
    2歳の時から保育園に通っていますが、朝送っていくとき、泣かないで行けるようになったのは今年の5月から。
    私たち保護者が参加する夏祭りと運動会は、私たちの姿が見えたとたん甘えん坊が発動して、先生の話が聞けず、団体行動もできなくなってしまう…という問題児なのです。

    そんな長女、今年は朝も泣かずに登園したし、何しろ待ちに待ったお祭りだったので、今年は大丈夫か!?
    と思ったのもつかの間でした。
    遅れて見に来たパパが来た途端、パパから離れない!
    あんなに練習したニンニンジャー体操も踊らない!
    おみこしは、事前に宣言した通り(「おみこしは担がない。重いから。」)、担がない!
    クラスのお友達がきちんと整列している中、娘だけがパパにしがみついたまま並んでいる…
    最後の最後でようやく親子遊戯を少し踊ったくらいでした。
    先生ももはやあきらめモード。私たちは、恥ずかしいやら、情けないやらでした。
  • お遊戯ができるようになった!次女

    私はといえば、この日は次女担当だったので、1日次女と一緒に過ごしました。昨年の12月に入園して、今回が初めての夏祭り。
    次女も、この日をかなり楽しみにしておりました。
    次女はまだ未満児なので、とくにきちんと整列したりすることもなく、親にだっこされていたり、手をつないでいたりで良いようです。
    次女も最初は戸惑っていましたが、後半は上手に体操やお遊戯を見せてくれ、とても楽しそうでした。
    トイレも行けるようになったので、自信満々に園のトイレの場所や使い方を教えてくれ、頼もしい次女でした(笑)。
  • 役員さんの仕事

    今年度役員の私。
    夏祭りも役員としてお仕事がありましたが、妊婦のため重いもの運びなど免除してもらいました。大変ありがたいのですが、役員さん全員にまだ妊娠報告していないので、気まずいというか…
    皆さんがテントを組み立てている中、「ここで待ってて!」とひとり室内にいることになってしまい、どうしたら…という感じでした。
    安定期になったら、早く報告しないととは思っているのですが…

みんなへメッセージやアドバイス

というわけで、姉妹でもさまざまな過ごし方だった夏祭り。
お帰りの時は2人の笑顔が見られたのでよかったです。
来年はみんなで楽しく過ごせると良いな!
1

妊娠15w前後の体験談

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる