カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 無痛分娩にして良かった⑵ 〜産後の振り返り〜
出産

[39w]無痛分娩にして良かった⑵ 〜産後の振り返り〜 [妊娠・出産の体験談]

777人に読まれました
2015-12-26 10:08
初めての妊娠&出産で無痛分娩を選択しました。振り返ってみると本当に無痛分娩にしておいて良かったと思うばかりです。その理由を私の分娩体験を通してお話していきたいと思います。(続きです。)


③陣痛が強まると赤ちゃんの心拍が弱まる

4Dエコーを行ったりNSTを受けたりしっかり妊婦健診は通い、胎児の状態もチェックしていました。経過は順調で何の問題もなく、個人病院でしたが最初に選択した産院で産めることになっていました。
ですが、分娩時に初めて分かったことがひとつありました。それは臍帯が絡まっているかもしれないという事です。私の場合、陣痛が強まると胎児の心拍が下がったのです。これは臍帯が絡まっている可能性があるということらしく、例え「臍帯が絡まっていてもふつうに産める人もいる」らしいので、その場で帝王切開ね!と言われたわけではなく経腟として進んでいきました。先生は恐怖心を煽らないよう気をつかってくれましたが、帝王切開になる可能性も十分ありました。無痛分娩は万一のときは、「スムーズに帝王切開にふみこめる」と聞いていたのでこの時もやはり無痛分娩にしておいて良かったと心から思いました。陣痛が来る度に赤ちゃんの心拍が弱まり苦しがっている…そう思うと、何でもいいから、赤ちゃんを無事にとりだして!!と強く思いました。もう帝王切開でも何でもいいから子供の命を助けてくださいと。

結果的には、お腹を押しながらの吸引で無事に経腟で産むことができました。

ですが、複数の危険な状態が発生してしまい何もかも順調とは言えない分娩になったことは確かです。出産は赤ちゃんもママも命がけです。やはり、安全な方を選択しておいて良かったと思うばかりです。

あの時、姑のしつこい勧誘に負けずに無痛分娩を選んでおいて本当に良かったです。

みんなへメッセージやアドバイス

自然分娩の方もトラブル発生時に無痛に切り替えられる病院を選ばれた方が安全だと感じました。
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる