カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. はじめてのたまごボーロ
離乳食

[0歳8ヶ月]はじめてのたまごボーロ [育児の体験談]

1510人に読まれました
2016-01-06 14:13
離乳食を始めて2ヶ月ほどたち、アレルギーが出やすい食材も挑戦しなくてはならなくなってきました。
パン粥をあげる時は成分表を見たり、パン屋さんの人になにが入っているか聞いてからあげていました。果汁をあげる時も気を使いました。
赤ちゃんは牛乳とたまごのアレルギーが出る子が多いけど治ることも多いと聞いていて、離乳食教室ではたまごは卵黄からと教えてもらいました。
  • 娘は離乳食食べないんだった

    娘は離乳食を嫌がって全然食べませんでした。
    生後8ヶ月になってやっとお米と豆腐を食べてくれるようになりました。同じ月齢の子をもつママ友さん達とも「たまごあげた?」と話が出るようになり、娘は赤ちゃんせんべいも食べてくれたので、たまごはたまごボーロで試そうと思いました。
    たまごボーロに卵が使われていることを知らずに、ばあばが勝手にあげちゃったと話していたママ友さんもいてびっくりしました。その子はアレルギーが出なかったからよかったです。
    たまごボーロには卵黄だけのものと、白身も使われているものがあったので、まずは卵黄を使って作られているボーロをあげてみました。
    娘は「うへぇ」と顔をゆがめましたが、食べてくれました。
    1日目と2日目でとりあえず5粒づつあげて、アレルギーは出なかったので安心しました。
    たまごボーロは気に入ったようで良かったです。娘に1粒持たせてみたら上手に口に運んでいました。
    卵黄ボーロがなくなってから全卵のたまごボーロに挑戦したけど、こちらもアレルギーは出ませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

おでかけの時ぐずったらたまごボーロをあげるとおとなしくしてくれるので、重宝しています。
1

上へもどる