カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 初めての妊娠、そして流産その3
トラブル

[10w]初めての妊娠、そして流産その3 [妊娠・出産の体験談]

519人に読まれました
2015-12-31 02:55
★3回目の検診で...★

3回目の検診日が来ました。
2回目の検診日と違い特に不安もなく赤ちゃんはどれくらい大きくなっているのかな??
心拍なんか確認できたりするのかな??なんてドキドキしながら産婦人科を受診したのを覚えています。

どうしてそこまで不安がなくなっていたのか。
それは胎嚢が確認できたこともありますがつわりの症状が出ていたからです。
そこまでキツイつわりの症状ではありませんでしたがご飯の炊ける匂いや空腹時に気持ち悪いなど典型的なつわりの症状です。
この実感が、私を安心させていたのだと思います。
今思えばつわりさえも幸せな時期だったのかもしれません。
あ、もちろんごく軽度のつわりでしたから。
  • 医者の顔が曇り

    ...あれ?
    その時の不安感は半端なかったですね。
    あれっ?てなんだ!!!

    医者はちょっと口ごもっていました。
    私がどうしたんですか?と聞くと胎児は見えるんだけどねえ、まだ心拍は見えないねえ、といいました。
    もちろん、医者の言う週数だったら心拍が見えないのはよくある事だったみたいです。
    でも気になるのが胎嚢の輪郭が崩れてきて胎嚢自体の形も崩れてきている、これは流産するかもしれないね。
    目の前が真っ白になりました。
    だってつわりの症状もあるのに!!?
    私がうろたえたのが分かったのか少し休んでいきなさい、と言われました。
    通常は2週間後の予約なのですが1週間後の予約で判断しましょう。
    この言葉を今でも忘れられず夢に見ることがあります。


みんなへメッセージやアドバイス

妊娠して無事出産できることって普通の事じゃないって思います。
1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる