カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 家族と一緒に行った"戌の日"の安産祈願
妊娠中の生活

[16w]家族と一緒に行った"戌の日"の安産祈願 [妊娠・出産の体験談]

296人に読まれました
2016-01-01 17:38
(写真は5ヶ月の頃のエコー写真です。
見た目が骸骨!(^_^;)ちょっと怖いですね(^_^;))

妊娠してから、母子手帳のコラムに"戌(いぬ)の日"のことが書いてあって、"戌の日"の安産祈願のことを初めて知りました。

"戌の日"は、妊娠5ヶ月目の初めの戌の日に神社やお寺で腹帯を祈祷してもらい安産祈願を行なう、日本の古くからの風習のようです。犬は、子沢山でお産が軽いことから、戌の日に安産祈願をするようになったそうです。
  • 私の安産祈願

    私の場合は、旦那様のお父さんが"戌の日"の安産祈願をした方がいいとおっしゃっていたので安産祈願してもらうことになりました。

    お義母さんが、安産祈願をしてくれる場所を近所で探してくださいました。

    当日までに腹帯を自分で用意して、当日に受付で申し込みして準備した腹帯を祈祷してもらいました。

    私が安産祈願してもらった日は妊婦さんが10名くらいいたと思います。
    さらにご家族の方も付き添われてる場合もあって、御堂に50名くらい集まっていました。安産祈願は1時間くらいだったと思います。

    安産祈願が終わったら、腹帯に御朱印のようなスタンプがおされたのを渡されて、またお札などを頂いて帰りました。

    安産祈願はもっと短時間なのかと思っていたのですが、わりと長かったです。でも、無事に出産出来るように考える時間が持てて良かったです。

    私は3月頃の雨の日だったので少し寒く、暖かくしていきました。神社ごとに違うとは思いますが、わりと長時間なので、服装は調整できるように気をつけた方がいいと思います。

    きちんと安産祈願出来て、記念にもなったので良かったです。

みんなへメッセージやアドバイス

良かったら参考にしてください。
1

妊娠16w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる