カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 子宮底長がどんどん短くなる!正期産までお腹の中にいて!
妊娠後期(8ヵ月以降)

[33w]子宮底長がどんどん短くなる!正期産までお腹の中にいて! [妊娠・出産の体験談]

2173人に読まれました
2016-03-09 15:56
今回の妊婦検診で先生からなぜか子宮底長が前回、前々回よりだんだんと短くなっていると指摘されました。
  • 子宮底長が徐々に短くなる

    普通は臨月に向けて子宮は大きくなり続けるため子宮底長は長くなり、産まれる直前になると赤ちゃんの頭が骨盤に入ってくるために短くなることがあると説明をうけました。

    今回の測定では前回と比べると1センチ、前々回と比べると4センチも小さくなっていました。
    前回が大きすぎたのかと思い調べてみると、前回は平均的な長さで今回は平均を下回る長さです。

    赤ちゃんの発育不良や羊水量が減って来たりすると短くなるようですが、今のところその傾向は全くないようで、赤ちゃんの推定体重は毎回順調に増えています。
  • 赤ちゃんが骨盤の中に頭を…

    超音波で詳しくみたところ、赤ちゃんが骨盤の中に頭を入れて押しつけて降りてきているらしく気がはやいねぇと言われました。
    どおりで最近膣に急激に動けないくらいの痛みが一瞬走ることがあったり、あかちゃんのしゃっくりがおへそのあたりではなくお尻の方に感じることが多いのかなと感じました。

    また歩き方も足を閉じて歩くのがきつくなってきたので、常に外またで臨月の妊婦さんのような歩き方になっていると思います。
    上の子の時は臨月まで普通にすたすた歩けていたので、ちょっと早いような気もします。

    先生からは経産婦なので何かあると産まれるのが早いから、積極的に動かなくてもよいと毎回言われますが、今回も無理をしないようにとさんざん言われました。

    まだ33週なので正期産になるまでもう少しお腹の中で準備しててほしいと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

特に胎動に気を付けるようにいわれましたが、産院でもらったカウント表、使う暇がありません。
1

妊娠33w前後の体験談

上へもどる