カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食の話〜息子編①〜
離乳食

[0歳5ヶ月]離乳食の話〜息子編①〜 [育児の体験談]

546人に読まれました
2016-01-02 02:46
9ヶ月で卒乳してしまった息子は離乳食を始めるのが早かったです。
4ヶ月に入ってすぐに、離乳食開始がOKとされるサインが出てました。よく言われる厳密なサインは覚えてませんが息子は、
・食べ物に興味を示す
・親が食べているところを見て口をモゴモゴさせ、ヨダレが出てくる
・親が一口食べる毎に自分の口に入らないので癇癪を起こしギャン泣き

こんなんじゃ、私も落ち着いてご飯を食べる事が出来ません。。。
この頃、ショッピングセンターに週1でやっていた栄養士さんの栄養相談によく行って離乳食の相談をしていました。4ヶ月に入ったばかりの頃は『もう少し待ちましょうね』と言われていたのですが、5ヶ月に入る数日前には栄養士さんから『息子くんが待ちきれないと思うし、もうすぐ5ヶ月だから早めに始めても大丈夫ですよ』と言われ、翌日から離乳食を始めました。4ヶ月27日目だった気がします。

10部粥をスプーンひと匙。
『最初は上手に食べられなくて殆どこぼすよー!』なんて聞いていたので汚れても良いようにタオルなどの準備も万端!!
いざ、最初の一口!!・・・さすが、食べたがって1ヶ月近く待っていただけありました!こぼさずに食べました。スプーンひと匙をキレイに完食し、さらに食べさせろと要求してきました。
食べられない事が分かると癇癪を起こしギャン泣き!離乳食開始前と大して変りません。

本来であればスプーンひと匙を1週間ほど続けるのだと思いますが、私は1日ひと匙ずつ増やしました。ここからがよく食べる息子とのご飯の日々の始まりです。慎重になったのは新しい食材を食べる時のみ。離乳食開始と同時に母と息子の暴走離乳食は始まりました。
0

上へもどる