カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食の話〜息子編③〜
離乳食

[0歳9ヶ月]離乳食の話〜息子編③〜 [育児の体験談]

410人に読まれました
2016-01-05 16:12
離乳食を始めて3ヶ月ほどで3回食になり、食べる物もどんどん進化していった息子。
9ヶ月頃には見た目は大人と同じメニューを食べるようになっていました。
もちろん、味はほとんどダシのみの薄味、硬さは柔らかくしていました。
離乳食というよりはもう、幼児食に近かったです。
硬さに関しては多少歯ごたえがあっても問題無く本人がパクパク食べていましたが、初めての子育てだからと、すごく慎重になってました。

息子は卒乳が9ヶ月入った位だったのですが、この頃にはご飯の量も心配する位たくさん食べていました。野菜も魚類も何でも食べていたのですが、念のためにフォローアップミルクも用意をしましたが、何でも食べて飲む息子でもフォローアップミルクは拒否!!
こればっかりはどうしようもなく、クリーム系の洋食の際は調理の過程で入れたりしてましたが、和食を好んだ息子のご飯に調理の過程で入れる事は難しく、なんとか野菜やタンパク質で鉄分など月齢的に増やしたい栄養分は調節していました。
肉か魚だったら魚派!さらに、肉より魚より野菜が大好き!!な息子のご飯は少し悩みました・・・
卒乳しちゃってるし、フォローアップミルク飲まないし、何より野菜が大好きだし。。。

すこーし悩んだ末に・・・お肉や魚を全く食べないわけじゃないし、神経質になるのやーーーめたっ!!!
という事で、今まで通りの食事スタイルを貫くことにしました。その方が息子も良く食べるし、私も楽だし、何より何やかんや言いながら食べるよりニコニコ笑顔で食べたほうが絶対に楽しいし!
きっとそのうちたくさん食べるようになる日が来ることを信じることにしました。
そして吹っ切れた9ヶ月半ば頃に息子のご飯は完全に幼児食になりました。
1

上へもどる