カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 発達障害ってどんなもの?親は直ぐ受け入れられる?
病気と症状

[5歳]発達障害ってどんなもの?親は直ぐ受け入れられる? [育児の体験談]

3248人に読まれました
2016-02-10 16:40
発達障害だと子供が言われたとき。
幼稚園や保育所で先生から、保健師さんから病院を紹介してもらって気づく家庭も少なくないと思います。
自閉症の傾向があると言われた。場に合わない発言をする。癇癪をおこす。約束が守れない。
会話が苦手。さ行の発音が苦手。周りの音が騒がしいと嫌がったり。

子供も辛いのは見て解るけれど、親も同じくらい、いや、気遣いも含めれば、その何倍も辛いかもしれない。。。

診断を受けてから、自分の子が発達障害だってゆうのは理解できたつもりでも、うまく消化できない親も多いと思います。
  • 発達障害を理解する

    現在、一昔前よりも、発達障害の事を取りあげた本がとても多く出版されています。
    旦那さんがアスペルガーでカサンドラになった奥さんが著者の本、奥さんと子供さんが発達障害で家族の取り扱い説明書を書いた本。アスペルガーだけどこうやって苦手を克服した!ってゆう本。色々とあります。

    発達に偏りがあるのが発達障害で、できる事とできないことの差が大きいと苦労するから子供のうちにその差を極力なくすようにサポートするのが療育なのかな。と、私は解釈しています。
  • 子供の生まれ持った才能

    嗅覚、味覚、聴覚などの感覚が人一倍過敏になることがあったり、一つの事がとても大好きで、さかなクンみたいにある分野で花を咲かせたり。
    周りに合せること、人に合わせる事が苦手な子が多いので、子供の生まれ持った才能を生かすためにサポートすることも大切だと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

インターネットで色々検索して知識を得るよりも、本を読んだり発達障害の子を持つ親の先輩ママの話を聞いて視野を広げた方が、子供のためにも親のためにもなると思いました。
絶対一人で抱えないで、辛いときは辛いと言える環境も大切だし、息抜きも大切だと思います。
1

妊娠5歳前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる