カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 「心臓が止まっているので、死んでいます」流産宣告
トラブル

[7w]「心臓が止まっているので、死んでいます」流産宣告 [妊娠・出産の体験談]

1027人に読まれました
2016-04-20 16:20
結婚して、3ヶ月、新婚旅行にも行き、やっと子作りをしようかなと話していた月に妊娠することができました。検査薬で陽性を見たときは、涙が出ました。それと、同時にこんなに、早く妊娠できたことに驚きました。

検診に始めていくと、まだ、胎嚢が、見えないので1週間後に来てくださいと言われてとても、不安になりました。その翌週、胎嚢は確認できたけど、まだ胎芽は確認できないし、心拍も確認できていないので、安心はできません。と言われました。正直この時からなぜか不安な気持ちが消えませんでした。

毎週病院に通って、やっと、8週で心拍が確認できました。でもまだ、母子手帳を、取りに行ってとは言われませんでした。翌週も来てくださいと言われました。

なんとなく不安な気持ちのまま、検診にいくと、心臓が止まっているので、死んでいます。手術をしましょうと、言われました。不安な気持ちが的中した、感じがしました。でも、その、冷たい先生の言葉が理解できなくて、初めは涙も出ませんでした。

ですが、手術のために、血液検査を今日してと、説明されたところで、少し理解できて、とりあえず主人に電話をかけさせて欲しいと、言いました。

主人と母に電話をして自分の口から話すことで、流産したことがやっと、理解できました。その途端涙が溢れてきました。

病室に戻るのがとても嫌でした。先生に、会うのもや嫌で仕方ありませんでした。

こんな風に流産の宣告はされるんだと思って悲しくなりました。もう少し気持ちをわかって欲しいと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

流産は辛いことなのに、とても、事務的に感じました。
1

妊娠7w前後の体験談

上へもどる