カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後〜入院生活。
産後

[38w]産後〜入院生活。 [妊娠・出産の体験談]

634人に読まれました
2015-07-14 19:02

出産直後、初乳を少しだけ与えて赤ちゃんは連れて行かれ私は処置をした後、出血が止まらない為、三時間程分娩台の上にいました。

少しだけ出血も治まってきたので病室へ。
個室か二人部屋か聞かれたので個室に。

処置の痛みと、傷の痛みとで出産後なのに気分は最悪でした。
なので、ゆっくり休める個室にして本当に良かったです。

部屋はベッド、ベビーベッド、テーブルと椅子、テレビ、冷蔵庫、洗面台、トイレがあり想像してたより広くてとても居心地が良かったです。

部屋に移動したのが、朝の6時で一時間程して朝ごはんが運ばれてきました。
そのときは食べる気力がありませんでしたが少しするとお腹も空いてきたので食べようと起き上がりましたが、身体を少ししか起こせません。

テーブルまで辿り着けず、食事ができないまま。
1時間程経って、食器を下げに来たおばさんに起き上がれず、テーブルに行けなかったので、ベッドに持って来て欲しいと頼むと優しい言葉をかけてくれ、料理を運んできてくれました。

トーストとスクランブル、あったかいスープが美味しかったです。

美味しい食事にホッとして、少し眠ると下の階の診察室に呼び出されました。
歩けるか聞かれましたが、歩けそうだったので自分で歩いて行きました。

部屋にいくと、出産したあとのお母さん達が4人程いました。
私は傷の痛みで座ることも出来ないのにみんな座っていて私より元気にみえました。
診察が終わると足湯をしてもらいながら、喋っているのを見て、すごいな〜。なんであんなに元気なんだろう。と思っていました。

わたしの番になり、内診をしてもらうとまた激痛が。
大量出血だったので出産直後、止血の為のガーゼを入れていたんですが、それを入れるのも本当に痛かったです。

そのガーゼの交換をしてもらったのですが、本当に激痛で涙目になりました。
痛さで気持ちはどん底。

出来る状態ではありませんでしたが、私は足湯もなしで病室に帰っていいよーと言われました。
あれ?元気じゃないから足湯はなしなのかな?と思いつつ部屋に帰りました。

後から気づきましたが、診察室にいたお母さん達は前の日までに出産した人達だったようです。
次の日また診察室に行くと、前の日とは違うお母さん達がいて、私と同じ出産日の人達でした。
私の出血の様子を見る為に、出産当日に診察室に呼ばれたようでした。

また診察であの痛みを味わうのかと思うと本当に怖くて気分は最悪で、気持ちに余裕がなく赤ちゃんどころではありませんでした。

二日目の診察、本当に怖かったですが、予想外に内診されても痛みがほとんどありませんでした。

人間の身体ってすごいですね。
一晩経つとかなり回復していたようです。

それまで、内診のことで頭がいっぱいでしたが、痛さもなく不安な事がなくなったので、それから楽しい入院生活を送ることができました。

診察のあとの足湯もアロマでマッサージをしてもらってリラックスできました。

二日目から母子同室になりましたが、授乳をしたり、ミルクをあげたり、オムツを替えたり。
慣れないことだらけでしたが、楽しかったです。

なによりも楽しみだったのが食事です。
朝昼晩、おいしいご飯食べられて本当に美味しかったし、おいしいご飯で元気になれました。

家族や、親しい友達が訪ねて来てくれたり、
授乳の練習を看護師さんとしたりと、退院まで楽しく過ごす事ができました。
  • 個室でゆっくり


    出産直後は身体はぐったり、傷の痛みで気分はどん底でしたが、
    退院する頃には退院したくないぐらい楽しい入院生活でした。

    美味しいご飯が三食運ばれてきて、掃除もしてくれて、
    シャワーを浴びるときは赤ちゃんを預かっていてくれました。

    そんな生活は入院生活でしか無理ですね。

    初めての赤ちゃんとの二人だけの夜はとても幸せな夜でした。

    なかなか寝てくれず、泣いたりしていたけど、個室だったので他の人に気を使ったりもしなくて良かったので楽でした。

    そして、生まれてきた長女、
    声が本当に大きくて廊下を挟んだシャワー室まで声が聞こえるほどだったので、個室にして本当に良かったです。
1

妊娠38w前後の体験談

上へもどる