カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 流産後の生活。家に引きこもって泣く日々・・・
トラブル

[9w]流産後の生活。家に引きこもって泣く日々・・・ [妊娠・出産の体験談]

986人に読まれました
2016-04-07 17:00
 流産の手術をして、まずは、1か月位は安静にしておいて、あまり激しい運動などは控えてくださいと先生に言われました。手術の翌日はまだ痛みも少しあって、気持ち的にも全然動けませんでした。そのため、1日中ベッドの中にいたような気がします。

 ベッドの中にいるとどうしても眠くない時はネットを見てしまいます。おなじきもちの人を探して、泣く日々でした。yutubeで流産した人の歌があって何度も聞いて泣いたのを覚えています。赤ちゃんはままを選んできてくれたけど、まだ準備が出来ていないからもう一度、空に戻ってまた来るねという内容でした。
 
 そんなものばかりを見て、1か月を過ごしました。ほとんど外出もしないで、家に引きこもっていました。でも、流産したからといって、このままでは次に進めないというのも自分で分かっていました。なので、少しずつ生活を変えていかなくてはならないという意識はずっとありました。

 でも、流産した時の気持ちは決して楽に忘れられるものではありません。ほとんどの人が次の赤ちゃんが来てくれて無事に生まれてやっと傷が癒えたといっているほどです。そのときから、次に赤ちゃんが来てくれなかったらどうしようという不安な気持ちも増えました。結婚してすぐに子供が出来たので、子供について悩んだことが無かったけれども、この次の妊娠のことばかり考えていました。

 どうしてもまえに進めないまま、3か月が過ぎ、仕事を始めてから普通の生活に戻っていきました。仕事はしておいたほうがいいと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

流産の後は気持ちがどうしても、引きこもってしまうのは仕方ありません。
1

妊娠9w前後の体験談

上へもどる