カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後の回復期の過ごし方・・・お母さんの存在がとても大きい
産後

[0歳0ヶ月]産後の回復期の過ごし方・・・お母さんの存在がとても大きい [妊娠・出産の体験談]

370人に読まれました
2015-07-15 22:13
出産を経験するまで、産後の体がどの程度ダメージを受けるかなど考えたことがありませんでした。実家が近いわけではなかったので、わざわざ母親に来てもらうこともないかななどと考えていましたが・・・。実際はとても助けなしにはやっていけなかったと思います。
  • 産後のからだは未知数です!!!

    初産だったこともあり、産後のからだがどの程度、どこがどうダメージを受けるのか、また初めて新生児のお世話をすることがどのくらい大変なことなのか全く考えていませんでした。

    まず、切開の跡が痛み、座ることがあんなにきついとは想像もしていませんでした。帝王切開だった場合はもっと別の痛みが続くのだろうと思います。また、授乳もはじめからうまくいくとは限らないし、乳腺炎気味になってしまい頭痛や悪寒が続いたり、出産時の出血により貧血だったり、寝不足だったり、、、想像を絶するほどの体調不良さでした。

    我が子はかわいくて仕方がないのですが、なんせ初めてのことだらけなので、1人での沐浴や泣き止まないときなど、いちいち軽くパニックでした。
  • こんな手助けがうれしかった!!!


    まず、授乳だけでなくミルクをはじめは足していたのですが、私が授乳している間に、母親がミルクを作ってくれました。また哺乳瓶の煮沸などもやってくれて助かりました。

    また一番きついのは夜寝られないことですよね。そこで、私が夜の授乳を済ませた後、母親が寝かせつけをやってくれました。しばらく抱っこして歩くと寝てくれたのですが、これまで私がやっていると授乳を含め30分はかかっていたと思います。授乳は15分程度だったので、それが終わるとすぐ寝かせてくれました。もちろん、目覚めのよかったときは自分で寝かせつけまでやっていましたが、本当にきつかったときは助かりました☆この方法は私の母も、自分の親にやってもらいとても助かったと言っていました☆☆

    また、買い物やご飯を作ったり、そうじなどの家事をしてくれたのはただただありがたかったです♪

みんなへメッセージやアドバイス

体調が整うまでは、誰かのサポートを受けながら育児をスタートさせることができればいいですよね。一度、子育てを経験している母親だから、不安なことがあっても頼りになります!ぜひ、頼れる人には思いっきり甘えて、今後の体力をたっぷり蓄えてください☆
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる