カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. イライラを抑えながら、遊び食べと向き合う
離乳食

[0歳10ヶ月]イライラを抑えながら、遊び食べと向き合う [育児の体験談]

3037人に読まれました
2017-01-19 13:10
生後9か月ごろまでは順調に離乳食が進んでいたのですが、10か月過ぎから突然始まりました、遊び食べが、、、

テーブルの上にあるものを欲しがり、もらえないと泣き叫びました。
どんどん遊びながら下に色々なものを落としていきます。
椅子やテーブルの下にレジャーシートを敷いたり、テーブルの上にこぼしても片づけやすいランチョンマットを敷いたりしましたがあまり意味がありませんでした。

以前は子供と一緒に食事をしていましたが、大人の食器や箸を欲しがり、椅子の上に立ちテーブルにあがるようになりました。
気がついたら食事に毎回1時間近く要していました。

毎回大変で笑顔で食事を与えてあげることができませんでした。

「子供が食事を嫌いにならないように」とイライラを抑えて食事を与えてましたが、とうとう私も疲れきってしまい、ハイチェアの使用をやめ好きに遊びながら食事が出来るようにジョイントマットの上にレジャーシートを敷いて、椅子なしでお座りさせ、遊べるように食器とご飯を用意してあげました。

ものすごく散らかるのを覚悟でしたが、椅子よりも下に座る方がおとなしかったのでびっくりしました。

食器に入ったご飯を楽しそうに混ぜながら、椅子よりはおとなしくご飯を食べてくれます。
もちろん動き回りますが、、、

まわりのおもちゃに気がむいたりして遊びだしたりしますが、それでもご飯を運ぶと嬉しそうに食べてくれます。
自分の中では苦肉の策でしたが子供にはあっていたようでほっとしました。

私も前より食事のときに笑顔で話しかけてあげる余裕が出来ました。

みんなへメッセージやアドバイス

子供によって何がタイプかは様々ですが、あせらずその子にあった食事の仕方を見つけるとよいと思います。
2

上へもどる