カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. ハーフベイビーあるある 血液型編
産後

[38w]ハーフベイビーあるある 血液型編 [妊娠・出産の体験談]

2496人に読まれました
2016-01-16 21:01
赤ちゃんが生まれた時、どこの産院でも、必ず血液型の簡易検査を実施します。
日本人にとって、血液型は非常に重要で、あらゆる書類に記入が必要なものです。
幼い頃に、友だちになった子に対して、「◯◯ちゃんって何型?」と血液型を尋ねるのも
不自然なことではありません。

しかし我が家の場合、息子が生まれて改めて血液型について考えなければなりませんでした。
というのも、我が家は主人が外国人の国際結婚夫婦。主人は自分の血液型を知りません…
なぜなら日本以外の諸外国では、出生時に血液型を調べることが無く、主人も来日して
初めて、留学先の大学で血液型を問われたというのです。
主人曰く何かあった時にどうするんだろう?と心配になるのは、日本人くらいだというのです。
もし事故などがあれば、その際に緊急で調べれば済むことで、事前に知っておく必要はないそうです。
日本人の私からすれば、信じられない能天気な感覚なのですが、主人にとっては当たりまえの事のようです。

さて息子の血液型ですが、簡易検査の結果B型と判明しました。とういことは主人はAB型かB型ということに
なります。検査結果を知らせてくれた看護師さんにも、「息子さんB型みたいだけど、ご主人分からないよね?海外の方って調べないから」と困り顔で言われてしまいました。その時やっぱり調べておいた方がいいなと
思い、事ある毎に主人に検査を進めますが、出産から1年経過した今も、腰の上がらない主人です…

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんもパパママも、いつ何があるか分かりません。血液型に限らず、家族の健康情報hあ、みんなで共有しておいて損はないと思います。
1

妊娠38w前後の体験談

上へもどる