カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おむつ・おしり >
  4. 一か月検診までのオムツかぶれ対策
おむつ・おしり

[0歳1ヶ月]一か月検診までのオムツかぶれ対策 [育児の体験談]

990人に読まれました
2016-01-20 17:32

娘が生後3週間の頃、はじめてオムツかぶれを発見しました。
  • プツプツ


    沐浴していると、お尻にザラっとした感触が。
    見てみると赤くなっていて、プツプツした湿疹のようなものがありました。
    それまではほんのり赤いかな?という程度だったので、急に湿疹が出来ていて驚きました。
    その後はオムツ替えの度に、お尻を拭くのを嫌がる素振があり、きっと痛いんだろうなと思って辛かったです。
    でも1か月検診までは病院に行くのも不安だったので、まずは自宅でできるケアをしていきました。

  • 湯浴


    おしりふきで拭くのは刺激が強くて良くないと聞いたので、うんちの時はお湯で洗うことにしました。
    洗面器にお湯を入れ、洗面所でちゃぷちゃぷ。(うんちなので洗ったお湯はトイレへ流します)
    おしりふきを使うよりも痛がる素振がないので安心でした。

  • ワセリンで保護


    湯浴の後は、ワセリンで保護。
    ワセリンというのは肌に浸透せず、排泄物の刺激から守る効果があるとのこと。
    清潔にした患部にワセリンを塗っておくと、うんちやおしっこを弾いてくれるので、汚れも拭き取りやすくなりました。

  • 夜中のオムツ替えはスプレーで


    新生児の間は夜中に3回ほど授乳とオムツ替えをしていました。
    毎回お湯で洗ってあげられればいいけれど、夜中は眠くて無理なので、100円ショップで購入したスプレーボトルに水を入れたものを使っていました。
    水をお尻にシュシュシュッと吹き付け、シャワー代わりに。
    ワセリンを塗っていると効果倍増で、汚れが取れやすくて良かったです。

みんなへメッセージやアドバイス


これで悪化することはなく、2日ほどでプツプツは無くなりました。
赤みはあったので一応1か月検診で薬を処方してもらいましたが、その後もちょっとかぶれてるかな?という時はこの対策をしています。

1

上へもどる