カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. お食い初めしました!
行事

[0歳3ヶ月]お食い初めしました! [育児の体験談]

367人に読まれました
2016-01-23 23:24
生後100日はお食い初めの日。我が子の100日は1月4日で丁度お正月明けだったので日にちをずらして義両親と一緒に儀式を行うことにしました。そもそもお食い初めとは「こどもが一生食べ物に困らないように」と願う儀式のようです。今回、義両親の計らいで料亭を予約して儀式を行いました。

■お食い初めの儀式■
儀式の手順をおかみさんが教えてくださいました。きっと地域などによって多少やり方がことなるのかな?
まず、だれでもいいので(今回は主人が抱っこしました)あかちゃんを抱っこします。そしてあかちゃんにご飯を食べさせる(まね)をする人は儀式を共にするメンバーで一番年配の人がいいそうです。これは長生きをして欲しいという願いが込められているそうな・・・。まずは歯がための石から。儀式を行うメンバーみんなで「丈夫な歯が生えますように」と声をだして祈ります。そのあとにごはんを食べさせる真似をしていくのですが、献立は基本的に一汁三菜+尾頭つき鯛が基本みたいです。料亭で用意してくださった献立は、お赤飯、魚のすり身の入ったお吸い物、煮物、エビのすり身のお豆腐、そして別皿に鯛と蛤でした。食べ順も指示してもらい儀式を行いましたが、肝心の順序は忘れてしまいましたので省略させていただきます。ちなみに、なぜ蛤!?と思ったのでおかみさんに尋ねたところ「ハマグリは二枚の貝が重なっていて夫婦円満などの意味が込められている縁起物」だそうです。
 あかちゃんは一年のうちに沢山イベントがありますね!準備は大変ですが、手作りで儀式をするのもとてもあたたかくて素敵だなあと思いました。料亭で行えたら楽だし、正式な儀式がきちんと行えますが結構お値段が高いので、これから育児にお金がかかるしなあ・・・と思うと自分で払うなら私は家で自分でがんばると思います(笑)

みんなへメッセージやアドバイス

あかちゃんの儀式は家族で行ってあげるに越したことはありませんね!お金をかけたほうがいい!とかは全然ないと思います。大切なのは家族であかちゃんの健やかな成長を祈ってあげることです。形式に囚われずともお祝いしてあげられるならしてあげたほうがいいのかなっと思いました。
1

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる