カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 排卵痛ってなに?妊活のタイミング法
妊活

排卵痛ってなに?妊活のタイミング法 [妊娠・出産の体験談]

814人に読まれました
2016-04-07 11:16
排卵痛ってご存知ですか?
排卵痛とは名前の通り排卵の時に子宮に針をさしたようにシクシク痛むことを言います。

わたしはいままで排卵痛は全く感じなかったのですが一人目を出産した後排卵痛がわかるようになりました。
わたしと同じように産後からわかるようになる方は多いようです。

なぜ排卵痛が起こるのかというと排卵のときに卵子が卵巣を突き破るのでそのときの痛みや黄体が卵巣に残ることで卵巣が腫れお腹が張ったように痛みがでるようです。

排卵痛がわかれば排卵日もわかるしタイミングもとりやすいのでは??
っと思い調べてみたのでまとめます。

わたしは1人目のときは婦人科でタイミング療法とよばれる不妊治療をしていました。
排卵のタイミングはだいたい生理がはじまってから14日頃と言われていますがわたしは10日頃で少しずれていてわかりにくく検査してもらっていたのですが、2人目がほしくなり排卵痛があるならわざわざ病院で診てもらわなくても??なんて思ったのですが排卵痛はまさに排卵がおこるときにあるようです。
「排卵痛=排卵日」っということになります。

本来なら排卵が起こるときには精子が待っている状態がベストと言われています。
なので排卵日の1.2日前に夫婦生活をするのがよいとされているのです。
なので排卵痛が分かってからだとちょっと遅い可能性も・・・・

排卵痛は排卵日はわかりますが妊娠しやすい日とは限らないようでした!
1

上へもどる