カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. プラス思考にと思っていても…切迫早産で入院中に学んだこと
妊娠後期(8ヵ月以降)

[22w]プラス思考にと思っていても…切迫早産で入院中に学んだこと [妊娠・出産の体験談]

2527人に読まれました
2016-06-16 16:15
私は22wから29wまで切迫早産で入院中していました。
私の最大の敵は点滴だった事も投稿させてもらい、体験談を投稿させていただくにあたってPC中の写真を整理しながら見返していくと入院中の出来事を色々と思い出してきました。

私は、自分はプラス思考な方だと思っています。
壊れた眼鏡でも何回もテープを張り替えズレまくってても、まだまだ使え得るよと思える感じ?笑
なので思い返すと入院生活では周りにも恵まれていたし、入院生活を経験出来た事は、私にとって良かったかなと思います。
もちろん無いに越した方が良いに決まってますけどね。

だけど、プラス思考な方の私でも体を動かすのが大好きで仕事もダンサーをやらせていただいている身、本音と言いますか外にも出れず動く事も制限される事により精神的には参ってた部分もあったなと思います。
基本、同室者の方々は切迫早産で入院されていて自然分娩の人もいれば帝王切開の人、2人目の人、死産を経験した人と本当に様々で、私に今までなかった感情や物事を考えさせてくれる場でした。
母の努力…

同室者の一人、今では尊敬するママ友2人目の出産を控え私より先に入院されていた、ママでも先輩、病室でも先輩。
明るく気さくな人でした!!
すぐに仲良くさせてもらえ話をしている内に、本当は妊娠は3回目で2人目は死産だったのと聞かされこの時に私は本当の命の大切さと言う事に関して、まだまだ浅いんだなと考えさせられました。

ママ友は子供の前で必ずマスクをしていました。
子供は3歳で、まだまだママが必要な時期!!
私にもすぐ懐いてくれて可愛くて自分も早く産まれてきて、今は絶対ダメだけどとか思いながらママ友にバイバイしたくないですねと言うと、『私より子供がママ、ママと言うわずに我慢してるんだよね
だから少しでもママだと分からなかった方が良いなと思って顔を隠すためにマスクしているの。

私って分かってると思うけどママって言うわないんだよ。』
自分が本当になにも考えてない事に逆にビックリしたわ!!って自分にツッコミました。
子供に対してのちょっとした気遣、すごく大切な事だなと勉強しました。
ママ友は無事に出産し私に頑張ってねと言葉を掛けてくれて退院していきました。

みんなへメッセージやアドバイス

教科書に載ってない勉強の方が自分に1番役に立つ事が多くないですか?
私は感謝する人で溢れています。
まだまだ体験談の続きを...
0

妊娠22w前後の体験談

上へもどる