カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 里帰り出産のための準備とは?
妊娠後期(8ヵ月以降)

[36w]里帰り出産のための準備とは? [妊娠・出産の体験談]

2004人に読まれました
2016-01-27 13:26
予定日が一ヶ月に迫ってきたころ、里帰り出産のための準備をしました。
必要最低限、出産の時に一番必要となるものからまとめていきました。

里帰り出産をする産婦人科の診察券、赤ちゃんの母子手帳、検診を受ける時にいる補助券、財布。
妊婦用の私の服、パジャマ、出産した後に、赤ちゃんを運ぶ用のかご・・・等々。
赤ちゃんの服とかベビー用品は、私が実家のほうに帰ってからでも用意できるため、
主人の家からはそんなに持って帰ることはありませんでした。

あれもこれもと準備しすぎると、いざ必要となった時に動けませんし、母子手帳や診察券等は
小さめのカバンに一まとめにしておけばお手軽です。

  • 36週目 切迫早産と言われてビックリ!!

    切迫流産とは、妊娠22週目0日から36週目0日前の間に
    赤ちゃんが出てきそうな状態になっていることだそうです。

    出産予定日まで一ヶ月過ぎたので、
    里帰り出産のため実家に帰り、こちらで通っていた産婦人科へ36週目の妊婦検査を受けたところ、
    先生から「切迫早産ぎみなので、しばらく安静にしているように。」と言われました。
    私自身としては、お腹が特別張ったり、体が痛かったりという不調はなかったので、
    びっくりしました。

    その後、実家に帰り経過を伝えると手伝っていた家事や掃除などが免除になり、
    しばらくはベットで横になっていることが多かったです。

    一週間後にはベットでの安静も解除され、出産に向けての運動がスタートできるまでになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

自分自身で気がつかないうちに、赤ちゃんのことや体のことで不調が進んでたりもします。
小まめの検診と少しでもなんか変だなぁと感じた場合は、産婦人科の先生に診てもらうことをお勧めします。
2

妊娠36w前後の体験談

上へもどる