カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. 我が家のお食い初め
行事

[0歳3ヶ月]我が家のお食い初め [育児の体験談]

290人に読まれました
2016-01-27 20:08
三人目の子供が生後三ヶ月になりましたので、お食い初めをいたしました。
我が家の実家は、夫の実家である九州の宮崎と、私の実家である中国地方岡山。かなり文化が違います。九州でもいろいろあるのでしょうが、宮崎では、長男が生まれた場合のみ、夫の実家がいろいろな手配をするそうです。

次男以降と女の子が生まれた場合には、嫁の実家がすべて手配するようで、かなりあからさまな長子優遇の文化でした。
とはいえ、お食いぞめの時期がちょうど宮崎へ里帰りしているタイミングでしたので、旦那の実家にお願いして、宮崎でお食い初めをさせてもらうことにしました。

内容としては、鯛の姿焼きをはじめ、お吸い物、なます、梅干、赤飯、そしてお宮参りのときに神社でいただいた石を並べました。

それぞれを口にもっていき、くちびるにちょんちょん。上の子たちが、赤ちゃんに食べさせたがるのを必死で静止しながら一通り口に当てると、最後に私がおいしくいただきました。

お食い初めって、みなさんどうされているんでしょうか?なんだか、一大イベントのように、ネットの世界などでは目にするのですが、うちではいたって質素でした。口にあてて、おめでとー、ではい終わり。
本人も食べませんし、私が食べて、それをおっぱいに変えて、本人のおなかの中に、という感じですよね。

子供が将来食べるものに困らないように、という儀式ですが、とりあえず、成人するまでは、食べるものに困らないように気をひきしめて生活しなければなぁなんて思った一日でした。

みんなへメッセージやアドバイス

お食い初め、地域によっても内容が異なると思いますが、うちではすでに文化を踏襲している世代がおらず、ネットの情報に頼って行いました。私たちのおじいちゃまおばあちゃまの時代だったら、かなりきっちりしていたんでしょうね。
1

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる