カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. どんどんスマホに頼ろう
ママの悩み

[0歳1ヶ月]どんどんスマホに頼ろう [育児の体験談]

365人に読まれました
2016-01-28 11:55
赤ちゃんをあやしながら片手でスマホ……あまりいい気がしないような光景かもしれませんが、一人きりで赤ちゃんと過ごしているお母さんには必要なことかもしれません。

母子手帳や育児本には授乳中は携帯電話を触ったりせず、赤ちゃんに「おいしいね〜」などと話しかけましょう、と書かれていますが、特に頻繁に授乳が必要な初期の頃こそ、正直そんな余裕はありません。
泣き叫ぶ赤ちゃんをあやし続けて、うまく寝てくれたとしてもベッドに降ろすと起きて泣いてしまう、そんなことをずっと続けていると、落ち着いて片手で何かできるのは授乳中しかないのです。
私の場合、スマホで何をしているかといえば、友達とSNSでやりとりしたり、オンラインゲームをしたりと、赤ちゃんとは関係ないこともしていました。そうでもしなければ二十四時間ずっと赤ちゃんのことを考えていなければいけなくて、それはかなりきついことです。

母が私を生んだ約三十年前も、授乳中は赤ちゃんに話しかけて〜と指導されたそうですが、実際はテレビで録画していたドラマを見ていたそうです。やはり授乳中しか落ち着いてドラマを見る時間がなかったからです。つまり私はおっぱいを吸いながら特に母から話しかけられたりしていなかったわけですが、だからと言って成長してから反抗期がひどかったりグレたりなどということはありませんでした。

赤ちゃんを生んで育て始めると、気軽に外出もできないし、夫の帰りが遅ければ誰とも会話せずに一日が終わるなんてことも普通にあることでした。だからこそ、隙間の時間で片手でやり取りができるスマホは必需品です。

みんなへメッセージやアドバイス

一人で子育てしているお母さん、どうか頑張りすぎないでください。あなたが心身ともに健康であることが、赤ちゃんには何よりも大切なことなのです。そのために、スマホでも何でも使って、自分の時間をもぎ取ってくださいね。子育ては、楽をしたっていいんですよ。
0
上へもどる