カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後2ヶ月 >
  4. 新生児の鼻づまり対処法
生後2ヶ月

[0歳2ヶ月]新生児の鼻づまり対処法 [育児の体験談]

760人に読まれました
2016-01-29 06:53
うちの子は夜中になると寒いのか、いつも鼻が詰まりフンガフンガ言っています。こちらからすれば可愛いのですが、本人は苦しいに違いない。そこで、スポイトタイプの鼻水取り器具を購入しました。先端はシリコン製になっていて柔らかいのですが、どうもうまくいかないのです。さらに毎回の煮沸消毒もめんどくさい。というのもフンガフンガの原因は、そもそも鼻水ではなく鼻くそだったのです。
 検診に行き鼻づまりの対処法を訪ねると、小さくちぎった脱脂綿を冷まし湯で濡らし、先端を指先でくるくるっと丸め、優しく鼻に突っ込めばそのうち鼻くそが出るとのこと。息子の担当の小児科医の先生は市販のものはたとえ柔らかいシリコン製だとしても赤ちゃんには固いし、めん棒も鼻孔を傷つける可能性があるからお勧めしないそうです。ちなみに鼻水の場合、同じように脱脂綿を濡らし、少し固めに水気を絞って鼻の穴に入れ(深く入れすぎ注意)、練りアメを作る要領で脱脂綿に鼻水を巻きつけながら引っ張ると簡単に取れます。入口付近の鼻水の場合はめん棒の方が簡単かもしれません。また、そんなに詰まってないのにしょっちゅう取っていると、詰まりやすくなるそうです。毎回綺麗にしなくても、普通はくしゃみをした時などに勝手に出てくるのだそうです。
 検診に行った日も、やはり夜中の授乳時頃、鼻を詰まらせフンガフンガ言いだしたので、先生に言われた方法を早速試してみました。最初は効果が無いように思えたのですが、2~3分すると鼻息と同時に面白いほど勢いよく塊が飛び出しました。夜間は大抵鼻詰まりのせいで母乳を飲むのに時間がかかっていたり、寝苦しそうにちょくちょくおきたりしていましたが、鼻づまりの解消と共にゆっくり寝てくれるようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

今では当たり前のように鼻づまりには脱脂綿を使っています。鼻くその場合、濡らし過ぎは息を詰まらせるし、固く絞り過ぎると上手くでてきません。赤ちゃんの機嫌が悪い時、もしかしたら鼻づまりのせいかもしれません。ローコストで簡単なのでお勧めです。
1

上へもどる