カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 子作り計画これにて終了!!お次は産後の避妊計画☆
産後

[48w]子作り計画これにて終了!!お次は産後の避妊計画☆ [妊娠・出産の体験談]

1176人に読まれました
2016-01-29 07:15
 以前から、旦那と現時点では我が家は子どもは2人までだねー、と話をしていました。そしてこの度、幸いにも元気で可愛い2人の子どもたちを授かることができました。私は今年34歳。世間的にはお姉さんの域は越え、おばさんの域に足を踏み込んでいると自負しております。それはさておき、セックスレスになるにはまだ若い年齢です。性行為は本来生殖のためですから、行為がある限り避妊は免れないと言うわけです。作る予定なかったけどできちゃった…はこの年でなんだかモラルに欠けてる気がするし、それ以前に私が在住する国はそもそも中絶禁止なのです…。
 そこで産後の母体の検診時、早速気になっていた避妊方法を聞いてみました。世間の皆様は生理が上がるまでいったいどうしているのだろう?と昔から気がかりの一つでしたが、医師を含め、他人に尋ねるのは初めてでした。なんと、早い人では産後40日から避妊が必要なのだそうです!一人目ができた後、1年半生理が来ず、生理を待たずに二人目を妊娠した私としては驚きを隠せませんでした。避妊指導は産後42日目(産後6週間後)からやっているということで、42日を待って、旦那と再び病院を訪れました。
 避妊方法にはオーソドックスな(?)ピルやコンドームのほか、子宮内避妊具やホルモン注射、卵管を縛るまたは切除、子宮摘出、男性のパイプカットなど数多くあります。よく聞く話が、ピルは太るということです。もちろん尋ねてみました。すると「それは自制できる程度のものだから、ピルのせいにして太っている人は、ピルを飲まずとも太りますから」という、なんとも厳しい回答…。ホルモン注射は毎月打つものと3ヵ月ごとのものがあり、こちらは確かに太りやすい傾向にあるそうです。
 私は妊娠、出産という大仕事を経たし、俺がパイプカットしようか?と旦那は言ってくれたのですが、最終的に我々夫婦が選んだ避妊法は子宮内避妊具(IUD)です。私が装着したのはT380Aというタイプのもので、銅付きのT字の器具を子宮内に入れこみます。仮に子どもが欲しくなった時や体質的に合わない場合には取り外すこともできます。私の場合、まだ若くて(!!)健康なので手術はオススメできないとのこと。かといって子どもたちが小さいうちに毎月同じ日に注射に行ける自信は無いし、慌ただしく過ぎる日々の中で、毎日忘れずピルを飲む自信もありません。IUD装着は15分程でおわりました。人によっては時々副作用として腹痛や頭痛、出血を伴うそうですが、1カ月が経過した現時点では、痛みはもちろんこれといった違和感も有りません。装着する際,多少痛みを伴いますが、それはもう、出産時の痛みと比べれば蚊に刺されたくらいのもんです。
 今後、毎回避妊具を購入したり、この先、万一酔っ払って避妊をせずにやってしまった!なんてことにならないためにも、個人的には良い選択だったかなと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

日本では結構価格も高いようですが、一度入れると10年もつタイプのものもあるので(私が入れたタイプは通常10年持つそうです)他の避妊具とも比較して、結果安くなるようなら検討してみると良いと思います。
1

妊娠48w前後の体験談

上へもどる