カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. Babyくもんで絵本が好きな子にする
知育

[1歳8ヶ月]Babyくもんで絵本が好きな子にする [育児の体験談]

428人に読まれました
2016-01-30 15:32
みなさん、Babyくもんって知っていますか?

その名の通り、公文のBaby版です。(笑)

Babyくもんは、絵本・やりとりブック(カードのときもある)・うたブック(CD)・月に1度の先生との面談がついて2,160円(会費込み)というものです。

親と子が一緒になってやりとりをすることで、コミュニケーションが取れ、子供の意欲を伸ばすような教材です。

  • 絵本がボロボロになるまで読まされた!!!

    私がBabyくもんを始めたきっかけは、近所の公文でベビーの張り紙を見て興味を持ったからです。
    ちょうど娘が9か月の時で、何か習い事をさせたいなぁ。と思っていた頃でした。

    2週間のお試し本とやりとりぶっくと2週間子供とやりとりしてどうだったかをお試し用の連絡帳に書いて先生に提出しました。

    私の担当の先生は、気さくで娘と2か月違いの息子さんと2歳上のお兄ちゃんがいる同世代のママで、
    Babyくもんの教材の進め方以外にも育児についても相談しています(^^;)

    Babyの場合、絶対こうしないといけない!ということはなく、ちょっと気が向いたらCD流してみようかな~とか、カード遊びしてみようかな~といった具合に私はゆるい感じでやっています。

    習慣づけしているのは、毎日1~2冊何かしらの絵本を読むようにしています。
    習いたての頃は、私が絵本を選んで読んでいました。

    今では、娘が本棚に行って絵本を選んで持ってきます。
    お気に入りの絵本はボロボロになってしまいました。

    カードも最初はちらかしてばかりでしたが、今では一人で
    「いないいない…」「ばぁ!」と言ってカードを裏表ひっくり返して
    笑っています。

    Babyくもんを初めてもうすぐ1年になりますが、確実に娘は絵本大好きになっていますし、
    色んなことに興味を持ち好奇心旺盛な子に育ちました。

みんなへメッセージやアドバイス

Babyくもんに限らず、絵本の読み聞かせは小さいころにしておくと本当にいいと私は思います。

担当の先生によると、絵本を小さいころから読んでいる子は、本が大好きなことはもちろん、探究心があり、学習能力が本が苦手な子よりもあるそうです。
また、漢字の読み書きもとても得意だということをおっしゃっていました。

絵本や歌を通して親子のコミュニケーションが取れるのは本当にわずかな時しかありません。
ぜひ、赤ちゃんの頃から親子コミュニケーションをしてみてくださいね(^^)

Babyくもんは定期的に無料おためしをやっているようなので、ご興味がある方は一度検索してみてくださいね。
0

上へもどる