カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. マタニティーブルー、腱鞘炎、腰痛など…産後に辛かったこと
産後

[0歳0ヶ月]マタニティーブルー、腱鞘炎、腰痛など…産後に辛かったこと [妊娠・出産の体験談]

15575人に読まれました
2016-08-31 16:00
大変だったお産のあとは一息~~っとそんなことが言えるのは産後直後の一晩のみ。産後はなにかとトラブルがあるものです。今回は私が経験した産後辛かったことベスト5をご紹介します。
  • 授乳(乳頭トラブル)

    はじめての授乳はなにかと苦労が絶えないものではないでしょうか。
    母乳育児を目指すママさんはとくに授乳に対して神経質になってしまうかと思います。
    実際、私は完母をプレママのころから希望していて、出産した次の日からあかちゃんが泣くたびに授乳を試みてきました。

    はじめはなかなか出なかった母乳も、産後3日から出始めましたが、なかなか混合から完母に移行できず・・・落ち込んで号泣することも何度かありました。
    母乳がなかなか増えない・・・そのことでも悩んでいましたが、一番辛かったのはあかちゃんが上手にお乳を吸えなくて授乳のたびに激痛が走ることでした。

    冷や汗が出るほどの鋭い痛みが走るのです。その痛みに耐えて授乳し続けていましたが、あるときは乳頭が切れたり、出血してしまったり・・・と本当に辛かったです。出血したときは流石に授乳を休憩せざるを得ませんでしたが、痛みに負けじと必死で直母し続けました。

    結局、授乳トラブルは産後2ヶ月で解決。痛みも、乳頭が切れることもなくなり、無事に完母になりました。
  • 育児で寝不足

    これはほとんどのママさんが経験するのではないかと思います。
    よく寝るあかちゃんでもお腹が減ったら泣きますしね!

    産後しばらくはなんども起こされますし、昼夜逆転しているあかちゃんも少なくないと思うので、あかちゃんの体内リズムが整うまではママは辛抱するしかありません。
    休日には旦那さんに協力してもらってできるだけ疲労を貯めすぎないようにしましょう。
  • マタニティーブルー

    これもほとんどのママさんが経験しているのではないでしょうか。
    産後のイライラは仕方がありません。そういうものだと割り切って、旦那さんにも事前に理解しておいてもらうと後々楽かもしれませんね。
    近くに実家があるならば一人で抱え込まずに親を頼りましょう!
  • 腱鞘炎

    人生はじめて経験しました。ドケルバン病という腱鞘炎です。これは産後のママさんにとくに多い病気なんだとか。

    親指を外側へ開ける動作がまったくできなくなります。関節が外れた!?って思うほどの激痛で、手首を小指側へ傾けるのもまた激痛が走ってつらいつらい。

    しかし、母乳育児をしているママさんは服薬ができないので固定と経皮タイプの塗り薬で耐えるしかないのです。私は産後1ヶ月ごろに発症し、4ヶ月ごろにはかなり落ち着きましたよ!
  • 腰痛

    産後直後からなにかと痛かった腰。4ヶ月の今が痛みのピークに感じます。
    産後直後は出産の後遺症みたいだったのですが、今感じるのは重たくなった我が子を抱っこする負担によるもの・・かと。
    上手に痛み対策をしていかないと後々苦労するかもしれませんね。

みんなへメッセージやアドバイス

産後はなにかといろいろあります。
元気でかわいい我がこと対面できて嬉しさばかりだと思いきや、不慣れな育児に産後のいろいろな症状に。本当にいろいろ悩ましいことが盛りだくさんだったり。

でもそれも幸せな悩みなのですよね。あかちゃんは奇跡の塊ですから。でも辛いものは辛い・・・そんなときは旦那さんや親に相談したり、同じ立場のママさんと交流したりしてうまく解決していきましょう!
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる