カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 1歳~1歳5ヶ月 >
  4. 家具用チャイルドロックは無意味?
1歳~1歳5ヶ月

[1歳3ヶ月]家具用チャイルドロックは無意味? [育児の体験談]

423人に読まれました
2016-01-31 23:30
寝返りをし、ズリ這いを経て、つかまり立ち、一人歩き…と1歳ちょっとまでの成長の早さはその一挙手一投足に驚きと喜びでいっぱいなのですが、その子供の成長にともなって周りのものに興味を示し、危険も増してくるのが悩みの種ではないでしょうか.

手の届く所に物は置かない、から始まり、椅子やベッドによじ上ったり、戸棚をあけて中身を出したり、ボタンを押してみたり…子供にとってはいたずらではなく真剣な興味だったりするから、頭ごなしに怒る訳にもいきませんし、こちらが対策をたて、危険を回避するしかないですよね。

我が家では冷蔵庫、シンク下収納、ゴミ箱の扉、洗面台の扉と次々にあけ、収納物やゴミを出したり、さらにその中に自分が入ってみたりと一気にブームがやってきて、こりゃ危ない、とチャイルドロックが市販されている意味をようやく理解しました。

早速購入し、強力両面テープで固定し安心…かと思いきや
チャイルドロック自体に興味を示し、次々と力づくで引っ張ったり剥がしたりして破壊し、2日と持たなかったのです…。

意味無し…

あまりの力強さに関心しつつも笑ってばかりはいられません。
次の対策を立てねば…と扉を開けたい子供と閉めておきたい私のいたちごっこの始まりです。
室内のビジュアル的な美観はどんどん崩壊し、インテリアってなんだっけ?状態になりました。
ひもを張って両端をガムテで固定するもすぐ剥がされ、
最終的にはそのまま養生テープがいろんな扉に貼付けられました。(結局剥がすのですが、剥がすのに手間取る)
家具は塗装が剥げたりトホホな状態になってしまいましたが、今は仕方ないですね。

0

1歳~1歳5ヶ月の人気体験談ランキング

上へもどる