カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. 生後51日目 お宮参り
行事

[0歳1ヶ月]生後51日目 お宮参り [育児の体験談]

5510人に読まれました
2016-02-03 22:53
いまさらですが、生後51日目の11月15日にお宮参りに行ってきました。
少し遅くなってしまいましたが、両家の都合などを加味した結果この日となりました。
  • お宮参り先は近所の神社

    お宮参り先として選んだのは、自宅から徒歩5分ほどのところにある小さな神社です。
    大きめの公園が隣接しているので、お散歩コースとしても近所でおなじみの場所です。
    当日は七五三のご祈祷もやっていて、比較的にぎわっていました。
    今回、お宮参りに神主さんのご祈祷は特にしてもらわず、両家の祖父母と一緒にお参りをして会食というスケジュールにしました。
    簡素なものとするため、おでこに朱を塗る、といった伝統的な流れも省きました。
  • お参りをして記念撮影

    まず神社の入り口で両家の祖父母と合流し、息子を父方の祖母に抱いてもらって、母方の祖母に持参してもらった祝い着をかぶせました。
    その状態で神社にお参りをし、神社前で記念撮影をしました。
    神社の中で七五三のご祈祷が行われていたため、ちょうどご祈祷を終えて出てきたご家族と鉢合わせになり、幸いにもカメラをお願いすることができました。
    元々カメラ好きな母方の祖父が撮ってくれる予定だったため、思いがけず全員で写れて嬉しかったです。
    また、この日息子には蝶ネクタイのついたタキシード風のカバーオールを着せており、よくできてると両祖父母にとても好評でした。
  • 続いて両家でゆっくり会食を

    続いて、和食屋さんで会食の予約をしてあったため、車三台でそのお店へ向かいました。
    予約の部屋は座敷でしたが、息子はちょうどこのころ背中スイッチが絶好調で、座布団や床に寝かせておくと泣いてしまうため、自宅から持参したバウンサーを持ちこみました。
    はじめはみんなで代わる代わる抱っこしながら会食を楽しんでいたものの、最終的にはやはりバウンサーへ。
    声をかけながら揺らしているといい子にしていてくれたので、全員ゆっくりと食事を楽しむことができました。

みんなへメッセージやアドバイス

里帰りから自宅に戻って、本格的にお出かけをするのはほとんど初めてだったのでドキドキでしたが、なんとか無事に終えることができました。
人前で授乳ケープを使うのもほぼ初めてで、祖父母には「なにそれ?」と驚かれました。
昔はなかったのかな?一枚あると重宝するので、もし持っていない方にはオススメです。
1

行事 の人気体験談ランキング

上へもどる