カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. ああ早く生んでしまいたい・・・。いろいろ試したことあれこれ。
妊娠後期(8ヵ月以降)

[40w]ああ早く生んでしまいたい・・・。いろいろ試したことあれこれ。 [妊娠・出産の体験談]

12970人に読まれました
2016-06-28 16:39
長女は、予定日より3日遅れて生まれました。
予定日の5日目前が自分の誕生日。なんとしても1歳でも若いうちに予定日前に出産したいと切望していました。

先に出産した先輩でもある友達に、早く生みたいならとにかく歩け!歩け!と言われたので、毎日の日課であった朝のウォーキングを臨月に入ってからは夕方も行い、早く生むために、床の拭き掃除もしたり、スクワットや四股ふみもしたり、とにかくもう予定日前に出産するために必死で必死で、ありとあらゆることをしました。

なのに、検診にいっても赤ちゃんは下りてもきていないようだし、子宮口も全然開いてもいないと言われがっかり。

しかも、季節は真夏。その年は猛暑を通り越して酷暑と言われ、各地での最高気温が更新されるような猛烈な暑さ。臨月のお腹を抱えて過ごすには過酷でした。
ああもう、早く生んでしまいたい・・・。

それに加え、予定日2週間ほど前から実母が応援に来てくれたのはいいのですが、せっかちな母に毎日のように「まだ生まれそうもない?」と聞かれるのもこれまた苦痛。
産まれそうかどうかなんて初めてなんだし、わかるわけないじゃない!!と言い返すのをぐっとこらえていましたが、なんだか、産気づくことのない自分が悪いような気分・・・。

早く産みたいがために、今度は縄跳びやマンションの階段を駆け上ったりもしました。
今となっては、笑い話ですが本当に必死だったのです。

しかしながら、なんの兆しもないまま誕生日を迎えてしまいました。
その瞬間、一気に気が抜けたのを覚えています。
縄跳びもスクワットも四股ふみもやめちゃったのですが、今度は周囲からの「まだ?」「まだ?」のプレッシャーが。
みんな楽しみにしてくれているのはわかるし、ありがたいのですが、当時はやはりプレッシャーに感じていました。

ついに、母とは喧嘩になってしまい、生まれたら来てもらうことにしていったん実家に戻ってもらいました。
その日の夜に陣痛が始まったのは何か関係があったのかもしれません。

みんなへメッセージやアドバイス

予定日通りに産まれてくる赤ちゃんは、全体の1割程度と聞きます。
生命の神秘は、こちらの都合でコントロールできるものではありませんよね。
どーーーんと構えて、出産を待っていればよかったなと今では思っています。
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる