カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 突然お子さんが入院になってしまったら?病棟ってどんな設備があるの?
病気と症状

[1歳8ヶ月]突然お子さんが入院になってしまったら?病棟ってどんな設備があるの? [育児の体験談]

743人に読まれました
2016-02-12 15:46
乳児~幼児期は、まだ細菌への免疫もできていないのでちょっとした風邪をひくことはとても多くあります。
風邪はこじらせると肺炎などにつながってしまう事が時々あります。
また、喘息があったりすると重症になることを避け、入院を勧められる事って結構多いんです。

我が家の娘も、風邪からの肺炎で1回、急な原因不明の高熱で一回、それぞれ入院しています。

大人や聞き分けのつく子供の入院と違って、乳幼児の入院っていろいろな事が不安ですよね。
病状は、医療機関に居れば些細な変化にも対応してもらえるので安心ですが、
体調の気がかりがなくると次に気になるのが時間の使い方だと思います。

ベッドの中でじっとしているのって、大人でもつらいことなのに、
小さい子供たちにはもっと辛いことですよね。
実際、どうやって生活したか、書きまとめてみますね。

  • 病棟の中での生活は…?

    小児病棟にはプレイルームがあり、おもちゃや絵本やパズル、室内遊具などがあります。
    ここには入院している子供たちが決まった時間に遊びに来ることができます。
    保育士さんもいるので、折り紙や塗り絵をしている子供もたくさんいました。

    おもちゃや絵本は病室まで持っていくことができます。
    症状によってはプレイルームで遊べないお子さんもいるので、付き添いの親族が取りに来たり、子供のそばを離れられない時には保育士や看護師が持ってきてくれます。
    また、昼間は仕事などの都合で親が付き添えない時や、ちょっと外出したいときには、保育士が部屋まで来て子どもの世話をしてくれます。

    娘の入院時は、症状が落ち着くまで部屋から出ることができなかったので、
    こちらでおもちゃや絵本を借りて遊んですごしましたが、
    やはり長い時間を過ごすには限界がありました。

    テレビを見る時間も限られていましたが、0歳や1歳でまだ小さかったことと、
    個室だったということもあって、DVDプレーやーの持ち込みを許可してもらえました。
    長時間見せることは避けていましたが、時間を持て余したときにとっても便利でした。
    看護師さんに相談してみるといいですよ!

みんなへメッセージやアドバイス

乳幼児二人の入院生活は、短期間と言えど大変でした。
荷物もとっても大量でしたし、子どもの食事は出ても付き添いの私の食事は出ないので、子どもが寝ているうちに看護師さんにお願いして深夜のコンビニに行ったり、保温水筒にお湯をたくさん持って来たり、いろいろな工夫をしました。

けれど、病気はしっかり治療ができたので、その面では安心できます。

もしお子さんが入院することになったら、不安なのはお子さんです!
お母さん・お父さんは焦らず慌てず、ゆったりした気持ちで付き添いしてあげてくださいね。
1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる