カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児がしんどいとき
ママの悩み

[0歳10ヶ月]育児がしんどいとき [育児の体験談]

1579人に読まれました
2015-07-20 02:00
間もなく生後10か月。一段と自己主張が激しくなった息子に、イライラさせられる日が続くこともあります。
今日も「やっぱり育児は向いてないのでは・・・・」と自己嫌悪。
いっそ全部やめて、どこかにぶらりと出かけたい衝動に駆られます。

  • 自分でハブラシをしたい

    先月からようやく歯が生えだし、ハブラシを開始しました。
    初めはおもちゃ感覚で遊ばせたりもしていましたが、太鼓のバチで口の中を突き怪我したので、真剣に「歯磨き」を教えることにしました。
    できることなら、もうしばらくハブラシを持たせることはしたくなかったのですが、例のごとく泣いて「よこせ」とわめくので、少しの間持たせています。
    しかしながら、どうしてもハブラシのおしりの方をかんで遊びたいらしく、ブラシの方はなかなか口に入れてくれません。
    根気よく、根気よく持ち方を教えてみますが、なかなかこれがストレスになります。
  • 自分でお茶を飲みたい/ものを食べたい

    自分でお茶を飲むのだとマグを奪う息子。
    うまく吸えずに、マグを机にたたきつけます。
    挙句の果てに後方に吹っ飛ばす始末。
    ベビーカーの上の時は、ベビーカーからわざと落としたりするので、しまおうとすると「やっぱりほしい」とぐずりだす。
    これも結構なストレスになります。
  • 耳元で叫び続けます

    我が家は息子が自由に動き回れる和室の入り口から、ダイニングキッチンの半分までをベビーサークルで仕切っています。
    ベビーサークルを隔てて、私がパソコンで仕事をするスペースを設けていますが、そこにいるとわざわざ寄ってきて柵につかまり立ちをし、耳元で叫び続けます。
    放っておくと、全身全霊で叫びます。さも狂ったかのように。
    これが一番のストレスです。
    特に仕事の締め切りが近い時などは、集中して作業ができない苛立ちと、息子を邪険にしてしまう自分への嫌悪感で、何もかもすべてなくなればいいのにとネガティブなことを思うくらいにストレスになります。
  • 成長と甘えと

    私がストレスを抱えているこの内容は、実に息子の成長と、そして私への甘えからきているものなのはわかっているのです。
    だからこそ、ため息をついても、今日も暴れん坊に付き合うのです。
    ストレスがたまって、「虐待してしまうんじゃないか」と急にネガティブになることもあります。
    そういう時、ネットで「育児がしんどい」というキーワードで検索すると、同じようなことを書いているブロガーさんたちと出会います。
    自分だけではないのです。
    そう思ってリセットして、また頑張ります。
    この記事が同じように一瞬疲れたママさんと、気持ちを共感できるものであればよいなと思います。
0

上へもどる