カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 明日から頑張れる!励まされた話①
ママの悩み

[0歳1ヶ月]明日から頑張れる!励まされた話① [育児の体験談]

1013人に読まれました
2016-02-26 16:59
私の母方の祖母の話です。
共働きだった両親にかわって子供の頃はおばあちゃんが傍にいてくれました。当時おばあちゃんもまだ若くて、海外旅行にたくさん行ってよくお土産を買ってきてくれました。おばあちゃんのイメージはよくご飯を作ってくれたり、旅行に行ってはお土産を買ってきてくれるというものでした。

それから数十年後、私もこどもを産んだのですが…

里帰りしないという決断をした私は、退院後はほぼ1人で子育てをする事になり、体も痛むのに寝ずに子供の面倒を見ているのが大変で何度も挫けそうになりました。そのころは旦那のことも何て気の利かない自分勝手な人なんだろうと感じ、子育てが孤独で辛いと強く感じていました。

そんなとき、ふとおばあちゃんのことを思い出したのです。私のおばあちゃんは、おじいちゃんとの結婚を両家に反対され、それでもおじいちゃんと結婚するために2人で田舎を逃げ出し上京して親戚がいない状態で夫婦2人きりで暮らしていたのです。そんな生活の中、私の母を出産しました。

おばあちゃんが出産したころは、戦後からまだ10年も経っていないころ。もちろん、今のように家電もほとんどなく、ネットスーパーもなく、おじいちゃんは朝から晩まで仕事。頼れる人もいない中、完全に1人で子育てしていたはず。

退院後、おばあちゃんが私の家にお見舞いに来てくれたので当時のことを聞いてみました。


つづきは②でお話します♪
0

上へもどる