カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 各種制度 >
  4. ワーキングマザーの悩み 配偶者控除のことを考える
各種制度

[2歳]ワーキングマザーの悩み 配偶者控除のことを考える [育児の体験談]

412人に読まれました
2016-03-06 15:51
今は103万の壁と130万の壁と言われてますよね。
働くママなら必ず考えてしまう自ら社会保険に入り、県民税や市民税も支払うか旦那の扶養内で手取りそのまま減らずに働くかを。
私は今は、旦那の扶養ギリギリで働いてます。103万を超えてしまうことがあっても130万は超えないようにしてきました。
しかし、2016年10月からは規制が緩和され106万以上稼ぐと社会保険に加入、税金も引かれるようになります。俗に言われるパートタイム労務者でも社会保険に加入しやすくしようという政策です。
  • 社会保険の加入はデメリットなのか?

    そこで疑問に思う方も居るかと思いますが社会保険に入ることってデメリットばかりなのか?と思われる方も多いと思います。
    私はデメリットばかりではないと考えます。
    旦那の扶養内だと傷病手当や出産育児金の給付はされません。結構、考えてない方も多いと思いますが働いてる方が病気で一定期間働けなくなった場合、傷病手当という給料の何割か支給されることがあります。この手当は自身で社会保険や雇用保険に加入していなきゃ申請できないんです。ほぼ、フルタイム並みに出てるママが仕事できなくなった場合の給料の蓄えがあれば話は別ですがそれが数カ月にわたったら赤字になる家庭も増えてくると思います。その時にとても助かる制度だと言えます。
    次に出産育児金ですが、旦那の扶養内でも出産一時金は出ます。出産時に病院に42万支払われる給付金です。しかし、産休明けに育児休業をとる場合、旦那の扶養内だと出産育児金は出ません。1年間取得したくても1年間給料が全く支払われないのは厳しいと思います。しかし、自身で雇用保険に加入していて条件を満たす場合は申請することができます。

みんなへメッセージやアドバイス

このようにデメリットばかりではないので必ずも旦那の扶養内でいる必要はないです。そして、将来もらえる年金の額も通常の金額が貰えるので、もしものためや将来のことを考えるとメリットもあります。
0

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる