カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 各種制度 >
  4. 新生児期の助産師訪問
各種制度

[0歳1ヶ月]新生児期の助産師訪問 [育児の体験談]

5283人に読まれました
2016-03-29 15:20
多くの自治体でも取り組んでいるのかもしれませんが、私の住む自治体では、初産の母親を対象に生後一か月をめどに助産師さんが家庭訪問してくれます。

出産前は、正直自宅に、助産師さんとはいえ見ず知らずの人を招き入れるなんて、掃除やら何やら面倒くさいし、そんなもん必要ないわ~とタカをくくっていた私。
しかし、長女出産後1か月が過ぎ、助産師さんから訪問日の連絡をもらったときは、想像もしなかった安心感がありました。

まずは、布地の袋のようなものに赤ちゃんを入れ、吊り下げて体重を計ってもらい発育チェック。
いまだにこんなアナログなものがあるんだ~と、ちょっと感動。

その後は、仰向けに寝ておっぱいマッサージをしてもらいました。
トラブルは少なかったものの、自己流では解消しきれていなかった、つまりや痛みがスッキリでした。
しかし、栓が抜けるとさらに出が良くなり、仰向けに寝ていると顔に浴びたり、バスタオルを敷いていたものの、床にもだいぶ飛んでいたので、帰られた後、なんだか自分も部屋も乳臭かったです。
広範囲にタオルを敷いた方がいいですね。

その間、赤ちゃんは隣でご機嫌に過ごしていたり、うとうとしていたりなんだか穏やかな時間。
マッサージの間、出産の時の様子や日々の生活のこと、育児の不安などいろいろお話しました。
病院で向き合って話すのではなく、自宅で寝っころがりながらという状況だからなのか、ざっくばらんにお話しできた気がします。

外出の機会も少なかったうえ夫は帰りも遅いわで、話し相手もいなかったので、久々に生身の人間とおしゃべりしたな~と実感しました。
通常は一か月検診の前に来られることが多いと聞きますが、行き違いがあり、実際訪問に来られたのは2か月近くなってから。
結果的には、このタイミングですごいありがたかったです。

みんなへメッセージやアドバイス

母子手帳の後ろの方に、産後切り取って出すハガキがついていると思います。
里帰りの方はご自宅に戻られるころを見計らって、出すのでもいいみたいです。
0

上へもどる