カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 病院勤務で気になったこと。
妊娠中の生活

[22w]病院勤務で気になったこと。 [妊娠・出産の体験談]

1816人に読まれました
2015-07-22 00:06
私が勤務しているのは呼吸器内科なのですが、
最近妊婦さんも多く来ます。(呼び寄せてるのかな)

ご自身が辛くていらしているのだししょうがないのですが、
まわりには通常の内科診療、つまり気管支炎や感染症などで来ている方もいます。

病気をもらっていかないように気をつけていただきたいです。
  • 妊婦さんの気管支喘息。


    うちのクリニックだけですか?
    増えているんですが、妊婦さんで喘息発症してしまう人、多いです。

    やはりきっかけは、風邪。
    妊婦さんは免疫力が落ちているので、風邪をひきやすかったりします。
    (私はマスクをしているしこまめに手洗いをしているので患者さんからもらうことはありませんでしたが)

    保育園や幼稚園からお子様が風邪をもらってきてしまったり
    季節の変わり目で体調を崩してしまったり。
    それをきっかけとして、咳だけ残ってしまう、とまらないといった症状で来院される方が多いです。

    中期以降の妊婦さんですと、
    咳をしたときの尿漏れや、お腹の張りなどが気になってきます。
    特にお腹が張った状態が続くのは本当によくないですよね。

    あまり薬に頼りたくないのはみんな同じですが、
    メリット、デメリットを考えたうえで医師は処方してくれます。
    一度相談にいってもいいかもしれません。
  • 院内感染


    病院にいって風邪をもらってくる。
    あまりないように思えます、私もないし。
    そもそも病院にいく時点で体調悪いし。
    でも、絶対ないわけじゃありません。

    今本当に気をつけてほしいのは、
    手足口病とかりんご病。
    子供に流行っていますが、風疹のときと同じく
    妊婦さんに注意を呼びかけています。
  • 自分の場合のスタッフの協力。


    私は、通常どおり仕事をしていますが、
    例えば喘息ではなく
    移る病気でマスクをしていない患者さん、たまにいます。
    溶連菌感染のお子さんとか。
    そのような場合の案内や、会計などは、他のスタッフが自ら行ってくれたりします。

    感染症疑いの患者さんの場合も、
    すぐ消毒のことを気にかけてくれたり、
    まわりの協力があってこそ
    自分も体調を崩さず仕事を取り組めているのかな、と思います。
1

妊娠22w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる