カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児&家事の両立のために
ママの悩み

[1歳0ヶ月]育児&家事の両立のために [育児の体験談]

394人に読まれました
2015-07-23 14:36
日々成長するこどものお世話と家事の両立は想像よりも大変です。家事の時短をすることで子供と触れ合う時間やママの時間が増えますね。私がやって良かったことをまとめてみました。

・宅配の生協やネットスーパー
生協では離乳食用のすりつぶし食材(冷凍)や添加物が少ない食品など胃腸の働きが十分でないこどもに与えたい食材が揃っています。私はこどもが1歳まではパルシステム、1歳からはおうちコープを利用しています。配送料の関係があり、おうちコープに切り替えましたが、パルシステムは無添加食品や放射性物質の自主検査を行うなど食の安全・安心な生協だと感じました。
また、生協ですと若干割高になりますがネットスーパーは実店舗と価格が同等で自宅まで運んでくれるのでありがたいシステムです。私はお店で見て買いたい派なのですが、体調が悪くて外出できない、雨の日などには重宝します。会員登録が必要なところがほとんどなので、必要になる前に登録だけでもしておくとすぐに利用できます。

・ワイシャツのアイロンがけは洗濯脱水後すぐに
濡れたワイシャツをアイロン掛けするとしわがきれいに伸びて乾きも早くて一石二鳥です。結婚6年にして気が付きました(笑)。

・一汁三菜と決めない、一汁二菜でも一品料理でもOK
日本の基本的な食事は一汁三菜と言われています。私も今まで健康に気を使って、また良き妻として(?)心がけてきましたが、そこにこだわらずに料理することで食材の調達から調理時間までを大幅に時短できます。時間のあるときに常備菜を作ったり、糠漬けをはじめて一品として出してみたり(主人は糠漬け嫌いで食べませんでした)、いろいろと試行錯誤中です。

・一日の流れを固定化する
朝目が覚めて、オムツを交換したら朝ごはん、11時半にお昼で食べたら昼寝、起きたらおやつでそれから公園、帰ってきたらEテレ見て、夕ご飯、そしてお風呂、20時就寝。という具合に基本の流れを作ってあげると自然とこどもはお昼寝や夜寝る時間になると布団に行ったり、テレビをつけたりします♪少なくともうちはこれでかなり楽になりました。
代わりにイレギュラーなお出掛けの回数は減ってしまいましたけど、時々のお楽しみ&多くなってからのお楽しみにしようと考えています。
1

上へもどる