カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 帝王切開の後に役立ったこと
産後

[40w]帝王切開の後に役立ったこと [妊娠・出産の体験談]

670人に読まれました
2015-08-03 14:35
帝王切開を二回している筆者の役に立ったことなどご紹介します
  • あるとよかったモノなど

    まず、妊娠中に履いていたショーツやレギンスやタイツや服などは残しておいた方がいいです。
    私の場合は縦に切っているからでしょうか、ショーツやボトムスのゴムが傷口に食い込みます。
    おへその下を切るので、おへその上にゴムのところが来るようになっている妊婦用下着や服はとても便利です。
    だいたい数ヶ月続くでしょうか。
    術後一年経ってもまだ触れると痛いときもあるのですが、その頃になると普通の服や下着が身につけられます。
  • テーピングをきちんとしよう

    術後、医師に傷口がきれいに治るように、テーピングをするように言われました。
    傷口が勝手に開いたままで治ってしまうとケロイド状になってしまうからだそうです。
    この時に使う医療用テープは病院の中の薬局でもすぐに買えますし、ドラッグストアでも買えます。

    私はめんどくさがって割とすぐに貼るのを止めたせいか、ケロイド状になってしまいました。
    まあ、今後ビキニを着ることもないし、全く気にしていないのですが、気になる方はきちんとテーピングをされた方がいいと思います。
    ちなみに、ケロイド状になったものは皮膚科で取ってくれるようなので、一度気になる方は病院で相談されてもいいかもしれません。

みんなへメッセージやアドバイス

帝王切開はキズの痛みが残るなか、赤ちゃんの世話もしなければならないので大変ですが、もう少し子どもが大きくなると、「貴方はここから産まれたんだよ」とキズを見せながらお話してあげることができます。
そんな時の子どもの表情は嬉しそうで、痛い目をしてでも産んでよかったなと思う瞬間です。
3

妊娠40w前後の体験談

上へもどる