カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 寝返り完成までの道のり
成長の目安

[0歳4ヶ月]寝返り完成までの道のり [育児の体験談]

3879人に読まれました
2015-07-24 11:59
生後4か月に入ったころから、体をねじらせ寝返りをし始めた息子。
しかしながら寝返りの完成は6か月に入る頃・・・と結構時間がかかってしまいました。

  • 弧を描くように・・・

    ふと気が付くと、弧を描くように反り返りながら私を見上げる息子。
    初め新しい遊びかと思い、それが寝返りの始まりだとは気が付きませんでした。
    しばらくして、もしやこれは寝返りが始まる?と思い始めたころ、ぴたりとその動きはしなくなってしまいました。
  • うつぶせ寝の練習

    よくうつぶせ寝の練習をさせた方がいいという話を耳にしますが、生後3か月ごろまでは嫌がるのと怖いのとでしていませんでした。
    生後3か月も後半、同じ月齢の子たちがうつぶせでご機嫌にしていることもあり、少しずつ練習を始めました。
    寝返りの兆しが見え始めたので、うつ伏せにする頻度を上げてみました。私も一緒に背筋運動をする遊びを取りいれると、ご機嫌に頭を持ち上げるようになりました。
  • 寝返りよりも・・・

    5か月に入る頃、まるで寝返りを忘れてしまったかのように体をよじることもなくなった息子。周りの子たちはすでにゴロンゴロンしています。
    移動は背中を使ってできるので、興味が無いようにも見えました。
    それよりも立ち上がりたい風で、あまりにぐずるのでためしに歩行器に乗せてみたところご機嫌に。後ろ向きにしか進みませんが、足でけってスイスイと後ろに進みます。
    それが気に入ってしまい、余計に転がっているのを嫌がるようになってしまいました。
  • 寝返りができた!

    その頃、夜中に2時間程度起きて全く寝ない状態が定着していました。
    大体2時から4時くらいが魔の時間帯です。
    初めのころは抱っこ紐に乗せて、1時間くらい寝かせつけに奮闘していましたが、自分も辛いので気が済むまで遊ばせるようになりました。
    睡眠不足と周りの子たちがどんどん成長していく姿を目の当たりにし、ストレスと疲労が蓄積されていく日々。
    そのうち、息子は寝返りができない、何か異常があるのでは・・・と思うようになり・・・。

    その状態で生後6か月に入って間もなく、この魔の時間帯に息子自らうつ伏せ状態に寝返りをしてくれました。
    喜びを分かち合えるはずの夫は爆睡中です。
    一人、肩の力が抜ける思いを感じました。

みんなへメッセージやアドバイス

私の周りでは、同じ月齢の子たちの成長が早く焦る気持ちが隠せなかったのですが、子供は自分のペースで確実に成長していきます。
寝返り以降はあまり周りを意識せずに、息子が何かできるようになることを一緒に楽しむように過ごせるようになりました。
今思うと、寝返り前後の自分は余裕がなかったなぁと思います。
1

上へもどる